Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 にゃんこの日常

2016112005444127d.jpeg

2号の2回目のワクチン+去勢手術に連れて行きました。(1回目は親元を離れるときに済ませてきて、そのおよそ一月後に2回目。)

これで来年からは1号2号一緒に連れて行けることになります。

最寄りの獣医さんがとても、それはとても親切でラッキーでした。しかも、徒歩でも20分もあれば着くし、家の前から出てるバスに乗れば10分もかからない。そして、他と比べて良心的なお会計。

なにより、本当に動物たちを気にかけてくれる先生たちで、先日鼻の手術をした1号のことを、今回は2号の診察のために行ったにもかかわらず「様子はどう?元気にしてる?」と声をかけてくださって。先生は2人いるのですが(片方が犬専門、片方が猫専門?鼻の手術は犬の先生が専門家)両方の先生が気にしてくれていました。そんなに前のことでもないけど、よく患者?患獣?の飼い主のこと覚えてくれたなあというのも関心しました。

おかげで、1号の鼻はスースーだぜ!
鼻が通るようになったからか、目やにも軽減されたようでスッキリしてます。
ま、2号もかなり目やにを蓄える子なので、やっぱり家の中は猫の目やにが飛び散っています(^_^;)


それで、にゃんこ達の日常はというと

2016112005444166f.jpeg

仲がいいのかそうでもないのか。

悪くはなさそうです。

きーさんのベッドのシーツを替えていたら、横にきてゴローンとするお二方。両方の特徴が現れてて、片方は丸くなり片方は本当にゴローンと。

2号は毎回くつろぐ際はこうなのと、よく食後に床のど真ん中で転がっているので「牛か…」と、心の中でつぶやき見つめています。

そういえば、1号の去勢手術の後は食事について何も言われないどころか「無理に餌を変えないで、今まで通りの好きなものを与えていい」と言われたんだけど、、、

2号はというと「仔猫用の餌はやめて、成猫・去勢後用のカロリーの低い餌に変えてください。」と。(仔猫の餌は成長を促すために栄養満点)

2号(7カ月)…1号(1歳7カ月)より体重が…重い…

そして、1号の餌を横取りするほど食いしん坊…

今まで、餌を分けても2号が横取りするために結局成猫用と仔猫用の餌を半々に混ぜて2つの餌入れに入れていたけど、これからは成猫去勢後用だけでよくなったので、次買うときから餌も二種類いらなくなって手間が省けました。

2号はエレガントな見た目・振る舞いの割になかなか野生的で、スプレー行為(トイレ以外のあちこちにオシッコをする)もしたし、嫌なことがあるとすごい臭いを発するし、機嫌が悪いとガルルルルと威嚇するし(1号はどれもない)…
(でも、通常のトイレの後はエレガントに砂をかけて綺麗に隠す2号。1号はトイレの後、なぜかトイレから出て砂のない場所をシャカシャカ蹴るか、砂があっても自分が用を足した部分と全然関係ない方向に盛大に砂を蹴り散らす…おかげで猫トイレの周りは猫砂だらけ。餌の食べ方も2号は食べこぼしもなく静か、1号はまず顔を餌入れに突っ込んだ瞬間からあちこちに食べこぼし、フガフガ言いながら食べる。)

…にゃん玉取ったことだし、2号の野生(野性?)な部分、ちょっと落ち着いて欲しいです。苦笑

「去勢手術の後48時間は疲れて食欲もないでしょうから、そっとしておいてあげてください。まだ麻酔も少し効いているはずです。餌も食欲が落ちてるでしょうから、まず少しだけに…」と説明されたのに、獣医さんを出た瞬間からもの凄い勢いでミャーミャー騒ぎ出し、空腹の抗議を始めた2号。

家について猫の移動バッグから解放すると、真っ先に向かった先は餌場…

餌が…空…

(=´・ω・`=)ハラヘッタ…ミャー

(餌入れ、きれいに洗って2号が帰ってくるまでしまっておこうと片付けたら、1号が心配しちゃって。普段の2号の餌場の前に行っては不思議そうに見つめているので、なんだか可哀想になって「ちゃんと帰ってくるよ」と、空のまま置いておくことに。)

2号が帰宅して、もうお二方とも「メシ!メシ!」とうるさかったので、すぐ餌をあげると…(1号には餌あげてあったのに、つられるもんだねえ)

1号を押しのけてガッつく2号。

術後でお疲れのはずでは…

この仔、絶対空腹で麻酔から醒めたんだろな…

たくましい。。。

2号の去勢手術後から、何度も1号が2号のお尻の臭いを嗅いでは「取った?ねぇ、取った?(ニヤニヤ)」とウロウロしていて面白いです。

もしかして、1号の去勢手術後から2号の術後まで二匹の間で何かあったのか?!オスのプライド的な何かがあったのか?!と、想像せずにいられません。笑


ちなみに、
世の中には「去勢手術なんてかわいそうに!」という意見を持っている人もいるみたいなのでいっておくと、多頭飼いしたいからだけではなく、猫のオスは去勢したほうが膀胱や尿道の病気が減り長生きする、発情しなくなりストレスも軽減するということで決めていました。繁殖させたいわけじゃないし、わが仔に長生きしてもらいたい。

最近、(猫ではありませんが)一匹目を血統書付きの仔を迎え、繁殖させてその仔の仔を二匹目に迎え入れたいという人に出会って(その人は去勢や避妊は自然に反する行為とあまりよく思ってないっぽい)、色々な考えの人がいるんだなーと知りました。実はウィちゃんも最初は反対してた…男は〇〇を取るなんて恐怖でしかない!女だから去勢なんて軽々言えるんだ!ってさ。手術前の二匹にとても同情していたウィちゃんでした。

ウィちゃんがこんなだしさ、1号の手術前はちょっと考えもしたけど、今の獣医さんが「私は去勢推進してます。」とキッパリ言ってくれた時に「だよねーですよねー」と、すっかり迷いも消えました。


※追記※

たった今さきほど、さあて寝ようと腰を上げ、にゃんこ達に「寝るぞー」と声をかけるべく見たら…
1号の様子がおかしい…というか、1号の周辺の様子がおかしい…

2号は隣の椅子の上にお腹を上にして転がってる。

1号はお気に入りの窓際のクッションの上にまあるくなって寝て…る…濡れ…て…る…

1号の周辺、1号の乗っかってるクッションの1号の乗っかっていない部分が濡れてる。

2号…嫌がらせ(?)の尿攻め!!!いつの間に…
1号、全然気にせず濡れてる部分を避けて通常営業。つ、強い…

夜中の1時過ぎに床拭きとクッションの下洗い。あー明日(もう今日だ)起きたら洗濯決定。掃除と洗濯は平日にゆっくりやりたいのに。

玉ちゃん取ってホルモン?が落ち着いたら、これ(スプレー)ってちゃんとなくなるのかなーと心配。それとも横にもう一つクッション置いたら陣取り合戦終結するのかな。

…IKEAの猫が好きそうな大きさの円形座布団を2つ置いたのに、そっちには目もくれないんだよなー。これだから猫ってやつわ!

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓