Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 新しい生活

きーさんの学校も新学年・新学期が始まりました。

引っ越してきたので、もちろん新しい学校。
(学校自体は元々あったけど)

近い。以前にも増して近い。

同じアパートに同じ学校へ通っている子どもがけっこういて、中でもお隣さんがきーさんのクラスメイトでした。

朝も帰りも一緒に、仲良くさせてもらってます。

今朝なんて「(毎朝毎夕一緒なので)兄弟なの?って学校で言われるの!」と、うれしそうに話してました。けど、あなたが欲しいのは弟妹じゃなくて(優しい)お兄さんかお姉さんでしょうね…ハハハ…と笑って聞き流す母。

スポーツバリバリのお隣さん兄弟が始めるスポーツを、やんわりと「ぼくもやりたい!」とアピールし始めたきーさん。あなたはね〜今年初めて習い事を始めるからね〜まずは様子見にね〜マルチスポーツをやってみましょうね〜。そこで好きなアクティビティを見つけたらね〜始めましょうね〜〜〜、と、過保護ウィちゃんに退けられていました。

学校初日に「サッカーやろうよ!」って誘われて、パスされたボールを手で持ってしまったら「あっちへ行け!」と言われた…とショボーンとして帰ってきたきーさん。「サッカーは足でやらないと、そりゃダメでしょう。ゴールキーパーでもあるまいし」と、笑いをこらえて突っ込んでみた。(恥ずかしいからナイショにして!っていわれてるけど、会う人皆に言いふらす母。だって、可愛かったんだもん。)水も怖くて泳げなーい。…そんな息子がスポーツ万能兄弟の後を追ってスポーツ!いやいやいや、やる気だけは受け取っておきますが、今年はウォームアップの一年にしましょう!(正直、送迎の方が大変だから…私の都合に合った習い事をしてプリーズ!と心の中で叫ぶ悪い母。)

というわけで、初日こそ友だちもおらず「なんだかな〜」だったものの、およそ2週間経った今では毎日楽しそうに通っております。

人見知りで人に慣れるまで時間のかかる両親を持つわりに、非常に社交的に育ったきーさん。反面教師でしょうかね。
自分の血を分けた子どもだけに、自分に似ていたら(転校後しばらくはお腹が痛くなったり、学校へ行くのが嫌になったりしたら)どうしよう、どう上手いこと連れて行こう…と心配していたのも、なんのその。性格っていうのは遺伝的要因より、環境的要因が起因するのであろうか?と、分析してみたのであーる。

きーさんがあんまりにもあれもこれもベラベラ喋るので…穏やかだと思っていたウィちゃんが

うるせー!!!

と叫ぶことが増えたのですが、懲りずに話し続けるきーさんでした。
ちょっと度は超していると感じますが、今のうちだけでしょうから…でも、はいはいはい、そうそうそう、へーへーへー…ぅうるさーいぃ!と、わたしもキレる。。

きーさんはきーさんで
「友だち何人できた?可愛い子はいる?」と毎度聞かれて、内心うるせーな、と思っていると思います。

前に住んでいた街で予約があまりにも取れなく行けなかった歯医者にも行って(治療も全然痛くなかったよ!とのこと)、一つ一つ、新しい生活に馴染んできています。歯医者さんで教わったウンチクもしっかり語る。若いのに、話し長いっす!クドイっす!

子どもっていうのは、可愛らしさを盾にして、日々力強く前に進んでいく、なかなかたくましいヤツだな。と、思う。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓