Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 ウィークエンド イン ロンドン

週末、といってもわたしの週末は日・月・火なのですが、ロンドンへ行ってきました。

日本から旅行に来ている両親のお友達ご夫妻に会いに行ってきました。

家族とではなく一人で…後ろ髪をひかれるおもいとはこういうことか…といったこともなく、ゴメンネゴメンネ〜♫と足取り軽く。(母親なんだけど、ウィちゃんという強力なパートナーに恵まれたおかげなわけで。)

まず、出発地はおフランス。
まあ当然のようにハプニングに見舞われます。
朝一、家の最寄駅からパリへ向かう電車が来ない…ただでさえ日曜は30分に一本しか来ないのに、20分待って表示された次の電車の到着時刻がさらに45分の遅延…1時間も余裕を持って家を出たのに、出だしからもうロンドン行きのユーロスターの時間に間に合わなくなってしまう計算。

半泣きでウィちゃんを電話で起こして、車で違う路線の走っている駅まで乗せて行ってもらうことに。

かなりの遅れになりましたが、乗ったパリ行きの電車がパリの北駅まで乗り換えなしで行けたのでユーロスターの出発になんとか間に合いました。

イギリスの入国審査は厳しいという前情報を得ていたのでドッキドキでゲートに向かいましたが、入国カードを書いて提出し、強面の警官?入国審査官?にいくつか質問されただけで案外スムーズでした。
確か、滞在日数と目的、あとは出国後の予定はどうなってるかだったはず。なので、観光で3日、その後はフランスに戻ってきます。フランス人と結婚してこちらで生活しています、と答えました。

(イギリスへの入国審査は、パリの北駅内にあるユーロスターの搭乗口で行われます。ここからもうイギリスなのか、すでに英語の世界!)

無事ユーロスターに乗り込み、席についていざ出発!かと思いきや、なかなか動き出す気配なし…

なんと、ドアが一カ所閉まらないとかで、ここでも30分(正確には29分と言っていた)の遅延。なんか、フランスに慣れすぎて「まあ、こんなものか。出発したからそれでよし」と思ってました。

トンネル〜とワクワクしていたのに、気がついたら気絶熟睡していたのか、すでにイギリスに入ってました。携帯が圏外に。

ロンドンに到着して、そのまま地下鉄の一日券を購入、両親のお友達の待つホテルへ。
(滞在期間が短いので、チャージ式のオイスターカードはいらないと判断)

複雑難解かつ捻くれたおパリに慣れすぎたせいか、ロンドンの全てが親切で明快に感じる…何もかもがスムーズです。

ホテルへもあっさり到着し、両親のお友達と合流し、さあロンドン観光へ!

初日は、メリルボーンのコンランショップ〜メリルボーンストリート(エマブリッジウォーターなどなどのお店)〜リバティとショッピングコース。

RIMG0454.jpg

RIMG0457.jpg

父の日だからなのか、暦の上で夏の始まりになるちょうど前の日曜日だからか、なんか露店がいーっぱい出て賑やかでした@メリルボーン。

RIMG0466.jpg

RIMG0463.jpg

オックスフォードストリートもスゴイ人!
フランスに住み始めてから日曜日にショッピングをするということがなかったので、不思議な感覚。
それに、エリザベス女王の90歳のお誕生日のお祝いの名残であちこちにユニオンジャック!なんて街並みに合うのでしょう!
タクシーがカーズ(ディズニー・ピクサー)に出てきていたのまんま!地下鉄小さいのに、バス大きい!(どちらも便利だし、パリに比べて格段にきれい)

RIMG0473.jpg

RIMG0475_20160627062427fcc.jpg

リバティ!

ずっと来たかったリバティ。もうなんか感極まってしまい…これといって何も買えませんでした。苦笑。たぶん、ショッピングしに来たかったというより、見学しに来ました!という感じ。ネットで見ていていいなぁと思っていたリバティ仕様の靴を手に取るも、実物はやっぱり素敵〜と思うだけで購買意欲にまではつながらず。セールだったのに…
とりあえずお土産だけ買って、いつかの日にと温めていたリバティカード(ネットで作ったリバティプリントのポイントカード)を出してみる。感激…
建物もですが、内装からディスプレイも素晴らしいし、セレクトもすごーくいい!見せ方も素晴らしいし、なんでもっと早く来なかったんだろう…でも、これただけで幸せ。今日もよく眠れそう…と思うのでした。

この後ホテルへ戻り、夕食でホテルのコンシェルジュに紹介されていった中華?レストランがまたすごかったのです。

HAKKASANというレストランで…ラウンジ?ナイトクラブ?なんなのここ?という、普段あまり縁のなさげな場所。何を思ってコンシェルジュは紹介してくれたのでしょう…
お料理全般はとても美味しく(日本を出てから食したものの中で一番か二番くらいに美味しかったかも)量が半端なく多い!まだ来るの?え、まだあるの?と次々運ばれてくる料理たち。すごかった。

やっぱり予想通り夜はよく眠れ、二日目。

大雨!
パリから履いてきた靴は白の革靴。一応防水処理はしてあるけど、しみたらヤバイ!と思い防水スプレーを探すことに。
コンシェルジュに聞くも「靴の防水スプレー?そんなのあるの?」との返答。えーイギリスってめっちゃ雨降るイメージあるのに靴に防水かけないのー?と驚く。(フランスはスーパーに売ってます)「あるとしたらブーツ(ドラッグストアらしい)じゃない?でもさ、それ探しに行く前に靴濡れるよね?」って鼻で笑われた…靴に防水もかけていないコンシェルジュに!(ホテルの風格の割にコンシェルジュがイマイチだと感じた…)

結局ブーツには売ってなくて、近くのスーパーテスコに入ってみるもそこにもない。やはりこの国には靴に防水スプレーをかける文化などないのか…と諦めかけるも、そういえばホテルを出る前にダメ元でルームサービスを運んでいた従業員?ポーター?に聞いたら「ティンバーランド(靴屋)にあるよ!」と言っていたなと思い出し、探すも見つからず…もうホテルへ戻ろうと決意して歩いていてたまたまホテルの並びにあるアウトドア用品点に入ったら、あった!スプレーじゃないけど、防水あった!買った!助かった!

大英博物館へ。
バスに乗るも一日券を通す場所がなくて…もしかしてバスはオイスターカードしか使えないのかも、と知る。あ…無賃乗車しちゃったかも…と、ドキドキ。

途中中華街らしき場所を通過したり、ハリーポッターの何か(アミューズメントパーク?)があったり。なかなか面白いけど、渋滞してて道のりが長い…

RIMG0491.jpg
ラムセス二世?
なんか、ラムセス二世だったかラメセス二世だったかっていう曲(かなり難解)あったよな〜と思い出す。

RIMG0482.jpg

RIMG0507.jpg

大英博物館、すごくよかったです。
もっと時間をかけてもっと細部まで見てもよかったと思うくらいよかったです。ただ、エジプト?とかなんかそういう収蔵品ってエネルギーを吸い取られるっていうか…見てて疲れる?ファラオの呪い?とか思っちゃった。
日本の収蔵品も素晴らしく(三菱商事寄与とかそんなんだったはず)ほえー!ふあー!って感じでした。
カフェテリアで初アフタヌーンティーもしました。

夜はオペラ座の怪人を観にハーマジェスティー劇場へ行くことになっていたので、一旦ホテルへ戻り休憩。

この休憩の間に私はひとりコヴェントガーデンへ。お茶を買いに、ティーハウスへ!

ウィちゃんへのお土産に数種のアールグレイを購入。その後はリバティの次に行きたいと思っていたヴィヴィアンウエストウッドへ向かうも、着いた時間に閉店してしまった…次回また来よう、またロンドンに来る楽しみが増えたと思うことにしてホテルへ戻る。夜のオシャレの準備をして劇場へ。
ドレスコードがあるものかと思いきや、皆さん超カジュアル…こんなものなのか〜

たぶん、人生初オペラ!
感激!!!

すごく面白いし、演出は素晴らしいし、音楽もいいし、帰り際にDVDを買おうか迷ったけど…この臨場感はDVDでは味わえないよな、と思い心にしまっておくことに。また今度来たら、また観にこようと決めました。
生オーケストラだし(ああ、あそこがオーケストラピット!)、俳優さんたちはもちろん素晴らしいし声だし…歌って踊れるって多彩だよな〜って。しかも美形。とにかく、何もかもが良い。
今夜もよく眠れそう…

夜のピカデリーサーカスを通ってホテルへ戻る途中、路上のパフォーマーがボイスパーカッション?ボイス…なんていうのか、マイク一本でひとりクラブミュージックって感じのパフォーマンスを。

RIMG0516.jpg

何もかもがなんだかパリより小綺麗。

よく寝て翌日三日目は最終日。

朝はホテルの近くをひとりブラブラ…というか、ロンドンに来たらダンキンドーナツへと考えていたので探したけれど見つからず。あるはずの場所が工事していたから、閉店したのかな〜。ロンドンはオーガニックカフェが多く目につきました。コーヒーのお味が、フランスよりこちらの方が好き。

帰りのユーロスターが4時だったので、あまり多くのことはできないねとビッグベン・ウエストミンスター寺院方面へ。
RIMG0529.jpg

ウエストミンスター寺院、こちらも見応えがあってよかった!
天蓋がレースみたいに繊細なチャペル?があって素晴らしかった〜。

お庭も素敵でした。
RIMG0536.jpg

とにかく楽しくてあっという間に三日過ぎてしまいました。
まだまだたくさん行きたい見たいやりたいを残してあるので、次はウィちゃんときーさんと一緒に来ようという楽しみもできました。

二日目の午前中に雨に降られたくらいで、それ以外はパリよりお天気もよく日が射している間は暑いくらい。

あーもっと滞在したかったー2週間くらいロンドンで働いてみたいな〜

またすぐにでも行きたいです。
ぶどう酒の街に引っ越したら遠ざかってしまうし、イギリスがEU離脱なんていっているのでますます!早いうちにバカンスの提案をウィちゃんに持ちかけて企画せねば!!!

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓