Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 Poisson d'avril

わが家、ウィちゃんの転勤に伴い、パリ近郊を離れワインの名産地に移住することになりました。


そんなわけでここ最近バタバタしておりました。

わたしのインフルエンザ感染が発覚する直前、ウィちゃんの職場から提供される住宅の紹介があって…その返事を次の週の水曜日まで(猶予一週間)にしてほしいと。その週末に決断して、返事をしなければならないということで、急遽TGVに乗って3時間半かけて物件見学へ行ってきました。日・月曜日で。

インフルエンザ発覚前に既にTGVのチケットを購入していたので、「インフルだったよ〜ドクターストップだよ〜(仕事が)」とウィちゃんに報告した時の反応といったら…サカナくんさんもビックリのギョギョギョ!でしたよ。

滞在時間29時間で、物件とその周辺、あとは中心街を見て帰ってきました。

病み上がりにハードなスケジュール…

短い滞在ではありましたが、感触もよく実り多いものだったと思います。

RIMG0415_20160329091051ab2.jpg
あちこち連れまわされお疲れ模様のきーさん


職場にも泣く泣く(実際は泣いていない)退職の旨を伝えました。あとは退職日を決めて離職届けを出して…という作業が待っています。あーやめたくない。。。

もうさ、全部受注発注方式でさ、わたしの移住先にコーナー作ったらどうですか?試しにクリスマスから!って、毎日のように上司に冗談で…実はちょっと本気で言っています。

わたしは新しい生活が楽しみな反面、もっとパリにいたいよ〜という気持ちが強すぎて複雑ですが、ウィちゃんときーさんは海が近くなる!と、とーっても心待ちにしています。

きーさんなんて海>>>転校で、とにかく海!海!海!で笑ってしまいます。あと、街の主な交通機関が路面電車っていうのもポイント高いらしく。

ご飯は美味しかったし(パリと比べてお安かった!お値段の割にお子さまメニューのクォリティまでも高い!)、環境も良く過ごしやすそうな街でしたし、パリよりものびのびしたおおらかな雰囲気でしたし…なにより皆さんいい所だよ!と言ってくれるので不安よりも期待の方が大きいです。


それに…正直もうこのパリ郊外の過酷な電車通勤にウンザリ…これ以上職場の近くに住むこともできないだろうし、理想の生活環境を探せば探すほど通勤距離は伸びーる伸びーる…倒れる前に離れるキッカケができて良かったのかも?


ワインどころかお酒を一滴も飲まないわたしがワインの名産地か〜

と、
今日(もう過ぎてしまっていますが)はエイプリルフール。
このお話を信じるも信じないもあなた次第です!

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓