Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 スキーバカンス2016

フランスの学校は2月前後にスキーバカンスというのが2週間ほどあります。(地域によって時期が少しズレます)

わたしたちの住むパリ圏、イル・ド・フランスは、今年は2月の最終週〜3月の一週目がお休みでした。

今回は、ウィちゃんが一週目、わたしが二週目にきーさんのお相手をするためにそれぞれ一週間ずつお休みをとりました。

…フランスはバカンスが多いって言いますけどね、子どものバカンスも多いので、働く親のやりくりもそれなりに大変だったりします。

バカンスの前になると、職場の子持ち(わたし以外皆事務職か管理職…)の方々で、今回はこの期間はどこどこへ、残りの期間はわたしが休みを取って〜というような会話が定番です。

どこどこっていうのが、実家だったり、バカンス中の学童のようなものだったりサークル?クラブ?アトリエ?だったり、シッターさんだったり親しい子持ちのお友達と交互に…という人も。

最近日本で「フランスは〜」と例に出されていましたが、こっちはこっちで大変です。

大変です。

もう一度いう、大変です。



話を元に戻して、きーさん一週目はインフルエンザに倒れてしまい終了。ウィちゃんもきーさんもガッカリ。

(ウィちゃん、二週目にインフルエンザにかかってくれればさ〜一週目は色々して、二週目ボクも看病のためにもう一週間休み延長したのに!という爆弾発言…いや、最近はきーさんが病気になったら看病しているのもお医者さんに連れて行くのもウィちゃんだけどさ…その発想…ありなんだ…)

そして二週目。
きーさん、お相手するのがわたしでガッカリ…苦笑

二度ほど、パリへ行きました。

そのうち一度は日本語教室へ。

そしてもう一度は、、、

WP_20160302_003.jpg

特別何か目的があってというわけではなく、きーさんはお友だち…先日ウィちゃんが家にいなかった土曜日に面倒を見てもらったきーさんにとってはとっても年上のお友だちのところへ行きたいというので、やっほー!と顔出しに行ってきました。

そのあと、メトロ6番に乗ってシャンゼリゼ方面へ…

パスポートの更新用紙がほしかったのもあり大使館に寄ろうと思いましたが、このときはもう時間が遅く閉館。

ついで、シャンゼリゼ通りにありますルノーのアトリエでバカンス中は子供のためのブースがあるという情報を入手したので行ってみたのですが…は・は・は入りづらい…と思ったら、この日は招待制のイベントかなにかで一般の人は入れないようでした。

寒かったし、そのまま目の前にあるメトロの入り口をくぐって電車に乗り換え帰ってきました。

最近、みぞれが降ったり雹が降ったり…寒いです。一応スキーバカンスだしね…

今回は本当に何もしなかった~って感じです。こういう過ごし方もありだと思うの…


きーさんの学校が再開する前日、今月分の給食と学童(エチュード?という放課後に学校で宿題を面倒見てくれたり、残っている子供たちでおやつ(持参)を食べたり)と水曜日の午後の学童(きーさんの学校は水曜は半休のため、必要な子供たちは学校からバスで市の中心部にある児童館のような場所へ移動して保護者を待つのです。)を申し込み忘れてたー!と、気づきウィちゃんが急いでインターネットで申し込むも…どうしても次の水曜日の分だけ申し込みができない。

何度申請してもできない。

(しかも前もって申請しておかなければならない期限を過ぎてしまっていて、給食が割高。涙)

できないーできないーできないーと苦悩したウィちゃんが出した結論は、、、

「もういいや、水曜日はボクが休んで家にいる!」

でした。

なにこのさらなる爆弾発言!!!

(結局この日のみ申請できなかった理由が『スト』だと判明。フランスあるある!)


ウィちゃんどれだけ有給あるんだよ…
どういう休みの使い方しているんだよ…
しかもサックリ許可もらって帰ってきたよ…


フランスにあって日本に無いもの、

それは…

休む権利???

「お休み頂いてご迷惑おかけします」なーんて考えるフランス人が存在するのでしょうか?いないと思うなー

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓