Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 10年目の結婚式

「10年後も一緒に居ることができたら、今度は教会で結婚しよう。」

RIMG1802.jpg


フランスでの結婚といえば、市役所(区役所・町役場)に書類を提出して法的に結婚する<儀式>と、教会で神様の前で誓い合う<儀式>が、あります。(色んな宗教・宗派の人々が混ざり合っているので、正しくはもっと色々なのがあるとは思います。)

今日、フランスの離婚率は100組のカップルに約46組なのだとか。
(なんとなく調べただけなので間違ってるかもしれないけど、特にパリや大都市圏は5割近くであってるはず)

なので、10年一緒に居るカップルは珍しかったりするのです。

***** ****** *****

冒頭のように誓い合った二人の、10年目の結婚式にお呼ばれして行ってまいりました。

フランスの結婚式ってー結婚式ってー、なんかこうまとまり?統一感?があってオシャレなんだよねー。ってずっと思っていたら、数年前に謎が解けました。

フランス人の結婚式には、あらかじめ“テーマ”なるものが設定されることが多いらしい…。

テーマなしの式をする人も多いですが、例えば「テーマ・赤」とか、先日結婚したわたしの同僚は「ボーダー(縞々)」というテーマでした。
知っていたら、わたしもわたしたちの結婚式にテーマを設けたのに~!と思ったもののすでに遅し。こんな面白いイベントを逃してしまったなんて!!

それで、このたびのカップルのテーマは「ギャングスター☆シック」。。。

すごく凝った招待状をいただいていたのに、ウィちゃんがそれの存在を教えてくれたのが当日出発する時に住所を見るために出した時…(ウィちゃんは電話でやり取りしていたので、てっきり口頭招待なのかと)

ギャングスター・シックの意味が???だったわたしたちは、とりあえず“ちゃんと”した服を着ていくことにしました。

RIMG1794.jpg
テーマにピッタンコだよ!!!って新郎(新?なのか?)が喜んでくれたウィちゃんのスタイリング。胸のお札は用意されていた小物。このほかにも偽銃やら偽シガレットやら。写真撮影やお遊び用にと色々な小物まで用意されているという、楽しい式でした。

みなさん思い思いにギャングスター・シックで、さらに美形揃いの家系もあって、なかなか素敵。

教会の式のフィナーレに集合写真を撮ったんだけど…みなさん小顔で…わたしだけ異物~!ピャー!苦笑

教会→集会場で余興などなど→ホテルディナーという流れで、次の日朝型の5時ごろまで花火あり、ダンスあり、ダンス・ダンス・ダンスでした。(わたしたちは2時頃退場。。。)

もうね~新婦(新?)さんの家系がノッリノリ。

ウィちゃんもわたしも踊らないのですが、知らない間にきーさんは他の子どもたちと踊っていた模様。将来有望のパーティーボーイ…。

このご夫婦、式の前にノッリノリの前撮り写真(しかもヴィンテージ風になるようモノトーンで!)を撮っていたりとほんとにステキ~!

とっても楽しませてもらいました。

あまりにも楽しかったので「わたしも10年目の結婚式した~い」ってウィちゃんに言ったら…

「お金かかるから、ヤダ」

って、アッサリお断りされてしまいましたとさ。ズコー!
仕方ないから、コスプレ誕生会でも企画しようかな。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓