Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 新年度・新学年・新生活!

9月になり、新年度が始まりました。

きーさん、今年から日本でいう小学一年生『CP』になりました。

入学式はありませんでしたが、この日ばかりはウィちゃんと二人で送っていきました。ウィちゃん…幼稚園の初日は全く興味なかったのに、小学校初日は…きーさんより緊張していた模様。

幼稚園のEcole maternelleからCPに上がるということは、すっごいお兄さん(お姉さん)になることらしく…本人も自覚しておりますが、周りから「ワーォ!CPに上がったの!大変だ!」と言われること多し。新学期が始まってから皆から「どうだった?」と聞かれる日々が続きました。

わたしの答えはというと
「きーさん随分オトナになっちゃって…学校の前・友だちの前では恥ずかしいからチュッチュしないで」と。サミシイわ〜(´・_・`)親離れサミシイわ〜。と。

だってあの子、誰に似たのかすごくシッカリしているんですもの。

学校はどう?と聞いても、今のところは「まだ始まったばかりだし」とか「今日は短縮授業の日だし大して何もしていない」とか、わたしにはヒジョーにドライな息子さん。

でもウィちゃんには「短縮授業の後にテニスした。楽しかった!」とか「詩の朗読の宿題が出た」とか色々話しているみたい。

この学年からすでに英語が始まるらしく、素晴らしいフラングリッシュな発音で「ワン・トゥ・トゥリー!」(ワン・ツー・スリー)って言ったときには家族で大爆笑。いやぁ、立派なフランス人だわー!

rentree.jpg

毎日なんだかデッカいバインダーを持って帰ってくるので、初日に背負っていった新調オサレリュックじゃサイズが足りず、結局随分昔に買っていたランドセルっぽいリュックを引っ張り出しーの。

毎朝8時半に始まって、ウィちゃんの仕事が終わるまで学童的なもので過ごしてもらうので家に帰って来られるのが夕方5時半とか6時なんだけど、こんなに小さな体でオトナの労働時間並みの拘束時間なんだけど、、、元気だわ〜よくやるわ〜と親のわたしの方が感心いたします。わたしが帰ってきたらもう寝ていたりするので、かなり規則正しい生活。

きーさんが生まれたばかりの時はさ、希望的観測から彼は将来日本語クラスのある学校へ…なんて考えていたこともありますが、いざその年齢に達してみたら

本人楽しんでりゃ、それでいい!

に、なってしまうのでした。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓