Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 映画の春

日・月・火と映画の春(Le printemps de Cinema)とかで、映画がいつもより安く見られるということで見に行ってきました。

映画館に着いたら一目散にきーさんが駆け寄る場所。

WP_20140316_003.jpg

ポップコーン売り場ではなく、ゲームコーナーでした。
お金は入れないのでゲームはしていないのですが、映画が始まる直前に引きずりおろされるまでずっとこの状態。

Minuscule, La Vallee des Fourmis Perdues
minuscule.jpg

という映画を見ました。
前編ほぼ言語という言語なしの映画。
虫が会話しているんだけど、「プープー」とか「ピーピー」とかそんな感じ。(映画の後きーさんとわたしのお子ちゃまーずがこのピーピープープーで会話して遊んだのは言うまでもなく。ときどき今も続いています。)

約1時間半セリフというセリフがないときーさんも飽きてくるらしく、中盤からポップコーンポリポリ、ポップポーンがなくなった~!めがね(3D)がくもって見えない~!(ポップコーンの油で汚れた手でさわりまくったから。)と、なにかにつけてうるさい。

でも、セリフはなくても面白かったです。…わたしには。

映画の後はトゥトゥトゥルー(マック)へ。

マックの外にある遊具の横の桜が見ごろでした。

WP_20140316_004.jpg

WP_20140316_006.jpg

お天気がよかったので外の席で食べました。

食事の後、このまま家へ帰ってしまうのはもったいないほど良いお天気なので、電車へ乗ってVillennes-sur-Seineというマントからパリ方面へ電車で20分くらいの街へ。

WP_20140316_007.jpg

WP_20140316_013.jpg

途中、雰囲気の悪いM市にて、ガラの悪~い若者がいたずらで電車の緊急用車掌呼び出しボタンを押したために、数分よけいに電車が止まる。…普段運賃を支払ってまで電車に乗らない層なんだろうな、と推測。(この日は大気汚染のためにパリ近郊の公共交通機関が無料の日だった。)本人と周りの友人たちはゲラゲラ笑って楽しんでいたようですが、ちっとも面白くありません。

特別何があるってわけじゃないんだけど、いつも電車で通るたびに素敵な街だなーいつかここに住めたらなーと思っていた場所に到着。

駅のすぐそばの役場に公園があったので、きーさんと遊ぶ。

WP_20140316_014.jpg

不機嫌なきーさん。

ウ○チしたいから降りる!と言い出す。…どうも初めてのブランコだったらしく、こわかったみたい。コワイとは一言も言わず強がるきーさん。

WP_20140316_019.jpg

ようやく止まってホッ。

WP_20140316_020.jpg

こっちの遊具は楽しそうによじ登る。
おケツが出ててもなんのその。

WP_20140316_022.jpg

登ったはいいけど降りられなくなり「パパ~!」と救助要請。

小さい公園だったけど、普段見かけないブランコが2種あったりと遊具も充実していたし、すぐお隣の役場のお庭の池には白鳥がいたりとなんとも優雅~な場所でした。この街はハトも白かった…。

結構たくさん子供が遊んでいたんだけど、以前よりずーっとたくましく社交的になったきーさんは自らズンズン公園に入っていき、空いている遊具を見つけて遊ぶようになりました。ときにほかの子と一緒に仲良く。

前だったらウィちゃんやわたしが「ほら、これに乗るかい?」って手を引かなきゃなかなか前に出ない子だったけど。

学校で過ごす時間が長くなったのもあるし、ずいぶんお兄さんになったんだなーと。しみじみ。

帰りも、いつもより混雑している電車に乗って帰ってきました。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓