Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 パリ散策

水曜日、タイへ旅立ってしまう(もう旅立った。)Eちゃんと会う約束をしたので、きーさんと一緒にパリへ行きました。

結果からいうと、Eちゃんには会えませんでした。

…まあ、出発の2日前だったし、こんなことになるだろうと予想はしていたんだ。(水曜日にって約束を取り付けたのはEちゃんなんだけど。)

なので、Eちゃんからの連絡を待ちつつ、きーさんとパリをブラブラしました。

久々だし、お天気もまあまあいいし、マレでファラフェルサンドでも食べるかーと思い、マレへ。

でも、先にスウェーデンセンターを見つけてしまったので、そこにあるカフェでお昼をすることにしました。スウェーデンの軽食?が食べられるカフェで、小物とかがたぶん全部スウェーデンのもの。食器とかはIKEAのだったよ。残念ながら写真は取ってないんだ。

そんで、食後マレの道端でぐるぐる走り回るきーさん。

WP_20140226_002.jpg

ちょっとオシャレしてきてるし、この辺のシックな雰囲気にも合う装いのきーさん。

それで、この後ついにMerciへ。

ついにというのは…ここ、何度か入りたいと思って近くまで行ったものの、入り口がどこかわからなくて入れなかったり、閉まっていたりとで、三度目の挑戦。三度目の正直?笑

中にはフィアットが~!

カーズのルイジと同じ(?)車(色違いだけどね)なので、きーさん大興奮!大喜び!店員のイケメンお兄さんが「乗ってもいいんだよ!」と声を掛けてくれたので、早速中へ。

WP_20140226_003.jpg

かわいいねーかわいいねーと、通りがかりのご年配のご夫婦が写真撮ってました。きーさんというオプション付のフィアットを。あはは。

WP_20140226_007.jpg

気に入ってしまった。

この後は、お店の中をゆっくり回らせてくれたきーさんなのでした。出るときは名残惜しそうに「くるま~くるま~」と。

この車のおかげで、また一緒に行ってくれそうです。

ちなみにどんなお店かというと、キッチン用品なんかはオリジナルの商品以外けっこうわたしの職場と品揃えがかぶっているような。ディスプレイが違うのでまた雰囲気が違って楽しかったです!ここはお洋服とかも売っているし。

Merciの後はBontonへ。Bontonは職場の近くにも一店ある、子供用品中心のお店です。カワイイー。マレのお店はお洋服もたくさん扱っていて広いー。楽しいー。

この後、やっぱりまだEちゃんと連絡がつかなかったので、マレで働いている元・同僚のお店へ遊びに行きました。…トイレを借りる目的も含め。苦笑。今は、マレにある食器・銀食器やアクセサリーを取り扱うブティックの店長さんをしております。

しばらく仕事の邪魔おしゃべりをして、じゃあまたね!と、ここも後に。

この時点で夕方の4時を過ぎていたので、ウィちゃんに連絡。せっかくパリに来てるし、ウィちゃんを呼び寄せてパリでご飯を食べて帰ることに。

一度通って、今度ここで食事したいねー!と話していたパッサージュの中にあるレストランへ。

古い電車(ワゴン?)を改装した内装で、本物の電車の中にいるみたいー。何とかエクスプレス?とかみたいな?

WP_20140226.jpg

お腹いっぱいになった後は、本物の電車に乗って帰ってきました。

車に電車に、きーさん大喜びの一日になりました。


後日談なのですが、
Eちゃんから翌日ようやく連絡が来て、翌々日に旅立ってしまったので結局会えずじまいになってしまいました。

Eちゃんから来た連絡というのが、、、Eちゃんの飼っているウサギのサミーを連れて行くことができないので、わが家で預かってくれない?というものでした。

急だったのもあり、えー!!!ビックリ。Eちゃんも泣く泣く置いていくしかなかったみたいだし、他に安心して預けられる場所がうちしか見当たらなかったみたいで。最初、ウィちゃんが反対したので一度お断りしたんだけど、結局もう少し暖かくなってからならバルコニーを開放できるので預かってもいいよ、と返事をすることに。

(バルコニーで飼うんじゃなくて、居間の真ん中に鎮座している洗濯物干しをバルコニーに追いやることができるから、少しスペースに余裕ができる。)

この返事は、今サミーを預かっているEちゃんのご両親の返答待ちです。(Eちゃんのお母さんはサミーを飼いたいけど、お父さんは反対しているらしい。)

動物を飼うということは、わが家にとって新しい家族を迎えるのと同然。こんな風にペットを迎えることになるとは予想もしていなかったし、簡単に決められることじゃなくちょっと迷ったんだけど…サミーのことを考えると、やっぱりうちに来てもらうのが一番な気がして。ウィちゃんはなんだかんだ一度は反対はしたものの、面倒見のいい性格なのと見捨てられないという優しい人。わが家の性質もウサギの性質と合いそうだし。何度もウィちゃんと話し合い、お互いがウサギの飼い方なんかをネットで調べて出した結論となりました。

サミーがうちに来ることになるのも、来ないのも、どちらにしても運命なのだろうし!と考えEちゃんのご両親の返答を待ってます。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓