Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 きーさんの学校生活

きーさんの学校(幼稚園)生活を探るべく、先日ついにウィちゃんを“お手伝い”に派遣しました。

お手伝い、「母親なんだからアンタが行きなさいよ」と思われそうですが、お手伝いというのは学校から市の運動場までのつきそいメイン。歩いて10~15分くらいの距離なのですが、小怪獣子どもたちのまとめ役ができなければ務まらないので去年の先生に「それができなきゃちょっとご遠慮してください」とやんわりと断られたので、今年になってウィちゃんを送り込むべく時機をうかがっていた、というわけです。

このお手伝い、フランス語で「コラー!お前ら前を見て歩けー!列を乱すなー!」と、まあそんなことを叫びながら?威張って歩かなければならない、というイメージ。…子どもに混じってしまいそうなわたしには向かないっぽい。と、思われてるっぽい。と思ってる。(爆)

そんなんで、ウィちゃんが行ったんだけど、面白かったってさ。

運動場へ行くのは2月~4月までの週一回なんだけど、今日は何をやったの?って聞いたら、『子どものおしりに布(薄いハンカチみたいなの)をつけて(ズボンの履き口のところにハンカチの角を挟む?突っ込む?感じでシッポみたいに)それを追いかけっこして他の子の布を引き抜いたら勝ち!』みたいな、鬼ごっこのようなことをしていたそうです。

ウィちゃんが撮ってきた動画を見せてもらったんだけど、布には色があって、クラスで5~6人ずつのグループごとに作業をしているんだけど、そのグループが色別に分けられていて赤グループとか青グループとなっていて、布がそのグループの色に分かれていました。

で、ゲームは2グループずつの対抗戦?のようになっていて、どっちのグループが多く布を引き抜いたか?という風に自分のグループの仲間の布は守りーの相手のグループの布を狙いーのっていうゲームをしたようです。なかなか楽しそう。

きーさんはどうだったのか?と聞いたら、他の子の布には手が届いて掴んだけど、なぜか引き抜かなかったそうな。(遠慮がちのきーさんっぽいな~。)それで、その後同じグループの女の子にきーさんの布を引き抜かれた、と。(女の子はルールを理解してなかったっぽい?)

きーさんって鈍ちゃんなのかと思っていたけど、意外と運動神経良さそうだったよ、とウィちゃんが喜んでました。

しかも、運動場からの帰りに、きーさんは自分一人で上着を着て靴を履き、お友達の上着のチャックを閉めるのを手伝ってあげていたそう。

その後、他の子のお手伝いをしていたウィちゃんを見つけ、(嫉妬したのか)背中に抱きついてきたんだ~ウフフと、ウィちゃん嬉しそうに語っていました。

誕生日も今年はクラスの中で一番若い(遅い?かな)し、もうすぐ5歳になる子もいる中まだ4歳になったばかりだし、一番赤ちゃんっぽくて発育もみんなに追いついていないんじゃないか…って思っていたけど、なーんだ、全然心配いらないみたいでした。むしろクラスの中でもしっかりしている方みたい。

で、わたしが一番楽しみにしていた、いつもきーさんが家でお話してくれる女の子との関係はどうだった?って聞いたらーーーーー「全然そんな感じじゃなかったよ。」と言われてちょっとガッカリ。

そのかわり、違う女の子がきーさんのこと好きみたいだよ、との新情報が。

先生が、帰りに「じゃあ、2人ずつ手をつないで並びなさい」と言ったら、きーさんの手をサッと取りにきた女の子がいた、とか。(でも、そのペアは先生が決めていたので結局その子とは手をつないで帰れなかった。)

きーさんは今までその子の話を家でしたことがなかったので知らなかったけど、「本当のところはどうなの?」って聞いてみたら、よくその子が手をつないできたり抱きついてきたりするんだってさ。

いいよ、いいよ、おばちゃんは応援するよ~!

ヒューヒュー!

きーさんモテるじゃーん。

今まではきーさんが一方的に気に入っている子の話しか聞こえてこなかったけど、これからはちょっと複雑な関係を探れそうでワクワクしている母でした。

この、2人ずつ手をつないで~の時に、男の子2人の片方がシッカリ君でもう片方が泣きべそ君ペアがあったみたいなんだけど、泣きべそ君がメソメソしていてなかなか手をつながないでいたらシッカリ君が「ボクの手をつながないなら、もう友だちやめるよ!」って言ったんだって。かわいいな~。笑。
…でも、泣きべそ君は泣きべそなので「ううう…シッカリ君がもう友だちやめるって言った…」と、また泣き出したらしいけど。苦笑。このシッカリ君はウィちゃんもわたしも納得の「将来のイケメン候補№1」の、スポーツ万能のいい男なのです。

あんまりきーさんに「どの子が好きなの?○○ちゃんとはどうなの?」と聞きすぎたのか…
ここ数日のきーさんは「どの子がクラスで一番カワイイ?」という質問には『先生』という模範解答しか返ってこなくなりました。

まあね、正しいよ。そりゃ、あんたが正解!


ちなみに、他に誰がカワイイと思う?と聞くと「ママ」と言ってくれる、優秀な息子です。母になって…良かった。爆!

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓