Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 今日のできごと

4月末のできごとが、写真と、ほかにいくつかあるんだけど…先に今日のできごと。

今日の午後、晴れ間が見えたのでココゾとばかりにきーさんを外に連れ出しました。いま子供たちは連休?バカンス?なのか公園に到着した時は誰もいなくて貸しきり状態。

きーさんを開放して、わたしは読書。もちろん、きーさんの様子は気にしながら。

ああ、バカンスの時ってたいていそこの公園に来る子のお兄さん・お姉さんがバカンスなのか、たぶんその兄弟たちと一緒にどこか(おばあちゃんの家とか、お母さんが仕事をお休みしているとか)で過ごしてるんだと思う。

そうそ。疲れさせて家に帰ってきたときにお昼寝してもらうことを目的に出たので、ベビーカーは持たずに。ベビーカーを持って行くと、帰りはベビーカーの上で寝てしまって、結局アパートに着いて家まで階段を登る時に起こしておろさなきゃなんないので。そうなると、きーさんのご機嫌最悪!な上に家でお昼寝しなくなる。

公園できーさんをひとりでしばらく遊ばせていると、小さな女の子を連れたカップルが入ってきました。

女の子、しばらくは遊具に乗せられても「うわあぁ~ん」って感じで、慣れない。でも、同じくらいの体格のきーさんがトテトテ階段を登ってすべり台する姿を見ていたら、なにかを触発されたのか?遊び始める。きーさんが落としたべべ(お気に入りのぬいぐるみ)を拾っては「ドゥドゥー!ドゥドゥー!」と、心配して手渡してくれる。(きーさんはわざとべべを放り投げてるんだけど。)

話を聞くとその女の子、2才。(白人のママと有色のパパのミックスちゃん。)きーさんはいくつ?って聞かれて、えっとーえっとー何ヶ月だっけ?って考えながら、ああ、28ヶ月!って答えたら…もうすぐ2才半ね(微笑)って。そうか、そう答えておけばよかった。すごく感じのいいママさん。きーさん大きいね、って言われたので、でも実は2ヶ月早産なの~って話したら驚いてました。笑。

その女の子よりきーさんの方が少しだけ体格が良くて、少しだけ運動能力も上な感じなんだけど、おしゃべりが同レベルって感じ。

最初はきーさんがちょっと距離を置きながら遊んでいたんだけど、そのうち追いかけあいながら仲良く遊び始めたので…わたしも読書再開。

ちなみに、小さな公園で、カップルは遊具を挟んで向こう側のベンチに。

女の子ときーさんはなかなか仲良く遊んでるし(お互い手にぬいぐるみを持っているという共通点もあったり)、ほのぼほムード。

きーさんの方が階段を早く登れるので、押し合いへし合いになったりしないかたまーに確認しながら、また、遊具の上から女の子ときーさんが手を振ってくるのに返しながら、ゆっくり読書。遊具の向こうからはカップルもこどもたちに声をかけて、あ~なんだか久々にゆっくりできる午後を満喫。

「女の子が帰ったら、きーさんも連れて帰るか」と、しばらく遊ばせておいて、しばらくしたら女の子が疲れて興奮してきたのか帰ることに。(きーさんも完全に疲れて帰りたいモード。でも、ほかに遊んでる子がいるとカラダが勝手に反応しちゃう~状態。)

ママとパパに「お家に帰って少し寝よう?」と言われるも、まだ遊びたいー!と駄々をこねる女の子。でも結局あまりにも興奮してるっぽくて、帰ることに。

帰り際に名残惜しそうにしてて、「じゃあバイバイのビズ(ほっぺにチュ)しなさい?」といわれて、ビズービズーと言いながらきーさんに近寄ってきて、きーさんに抱きつくようにほっぺにチュウしようとしたんだけど、、、

きーさんにビズを教えていないわたしたち。なので、きーさんにビズの習慣がない!

さっきまであんなに仲良く遊んでいたのに、なんだかきーさんの態度がツレない~素っ気ない~!でも女の子はそんなの全然気にしない☆って感じで、どうにかホッペにチュってして帰ってゆきました。

ビズのときの態度は素っ気ないきーさんも、カップルが「オルヴォア~!」って言うと、満面の笑みで「おぅヴぁ~!おぅヴぁ~!」って手を振りながら。ビズはできないけど、ごあいさつは合格です。

きーさんにも「じゃあ帰るか!」とは言ったものの、なんだかきーさん「ココはオレ様の貸切じゃ~」とばかりに、いらないエンジンがかかり始めた…。どうして子供って、帰るときになって元気が出るのでしょうか。

そんなきーさんを引っ張るように連れ帰ることになったんだけど、きーさんは体重が15キロ。あまり長距離は抱いて歩いてられなくて、少し抱っこしてはおろして手を引いてって繰り返して家に向かっていたんだけど…

途中、ココは車が通らないって道で(両側にお店が並んでる)おろして、車も来ないし好きにしな!と、なかなか前に進みたがらず、通りの真ん中で奇声を発しながらべべを放り投げたり、座り込んだりしているきーさんを放って、30メートルくらい前に進んで「はーーーっ」ってため息をつきながら「もう知らないよー行っちゃうよーバイバーイ」って眺めていたら、、、

通りすがりのマダムに、放置子だと思われ!!!心配されてしまいました。

いえっ、母はココにいるんです!って焦りながら駆け寄り、「ご迷惑をお掛けいたしました~ごめんくださいまし~おほほほほ~」って感じで、きーさんを抱えるようにその場を後にしました。

きーさん、昨日も本屋さんで「(買う)本は1冊だけだよ!」って言ったのに、2冊選んだから、「コッチ買うなら、コッチは買えないよ!」って言ったら…本屋さんで寝転んで、座り込みならぬ寝転び“ストライキ”し始めたし…(その前にも、ガラス小物雑貨がある本屋さんの中を、ひたすらグルグル駆け回って、わたしは冷や冷や。注意してもやめないし。やめるどころかヒートアップ!)

こんな姿のきーさんを傍から見てる人たちは、絶対に、わたしの躾がなってないねー!って思ってるよね。

こういうダダコネ興奮状態が嫌なら、ベビーカーに乗せて縛り付けておけばいいだけなんだけど、もう2才だし、結構色々理解してるみたいだし、もう少し自由と責任を与えてもいいと思うの!

…っていうのは言ってみただけで、わたし自身が躾ってなんだろー?どうやって躾けたらいいんだろー?状態だからきーさんがこんななのか、それともこのお年頃はみんなこうなのか。

ムズカシイ。。。

と、悶々と考えながら。15キロの暴れデカきーさんを抱えながら、フーフーヒーヒー歩いて帰った今日のできごとでした。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓