Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 お城散策

できなかったんだけどさっ。。。

土曜日、ウィちゃんが冬の間からずっと行きたいって言っていた「Domain de Villarceaux」という、無料開放されているお城とその庭へ行ってきました。しかも、無料ガイドさんといっしょに広大な庭園とお城を1時間半くらいかけて説明をききながら散策します。…そんなことはつゆ知らず、ただの公園だと思って着いていったら、超広いし!(きーさんもわたしも風邪気味!そんなのお構いなしー!)

無料…無料…

とにかく、え!こんなところが無料なの?!ってビックリするくらいステキな場所なので、イル・ド・フランスにお住まいの方にはぜひ行ってほしいとおススメします。

なぜ無料なのかと、、、わたしのフランス語理解力が正しければなのですが

このお城とお庭は元々は個人のものだったらしいんだけど、子孫の代で放置していたら荒れ果てて、それを補修しようと頑張ったらものすごい金額!結局支払いきれずだったか払いきったら財産が果てただか、売り払ったんだか差し押さえされたんだか。で、その借金を肩代わりした機関だか買い取った先の機関がこの土地を「開放してもいいけど、お金をとっちゃダメー」って言ったとかで、今でも無料で開放してるんだって。って、こんな感じのヒストリーでした。

RIMG0505[1]

しかもココ、本宅じゃなくてセカンドハウスだったんだって。スゴイお家柄よねー。ただお庭は以前はこんな整ったものじゃなく、ただの林?森?だったみたいで、買収された後に整えられたって言っていたような。

無料のガイドさん(たぶん学生さんのボランティアだと思われる。)がこの広大なお庭を説明しながら案内してくれるんだけど…広すぎて、もともと風邪気味だったのもあって、わたし寒気がして気分が悪くなってきたんだけど~言いだせず。ふんばる。

そのうちきーさんが暴れ始めちゃって、

RIMG0510[1]

確か、ルイ15世様式のお城だったかなあ?

このお城にたどり着いて、さあ中に入りましょう!ってなったときに、きーさんの暴走マックス!!!お城の中に入って、あちこち触りまくる。監視員さんのようなお兄さんの目が光ってる…。で、ウィちゃんに怒られて叫びながら泣き始めたきーさん、つまみだされました。苦笑。

監視員のお兄さん、ムッシュはお子さんと出て、マダムは見学していていいですよ、と言ってくれたものの…わたしひとり建物の中に残ったことを不満に、外からきーさんのさらなる大音量の叫びが。

苦笑いしながらわたしも外に出ましたヨ。
オホホ、失礼します…ってな感じ。

で、勝手には戻ってはいけないので、他の方々のお城見学が終わるまで外で待つハメに。外が雨じゃなくてよかったよ…。

あーあ。お城の中見たかったよ~。
って、ウィちゃんもわたしも不満ブーブー。きーさんったら知らん顔。

後味の悪~い見学になりました。

そしてココ、少し離れた場所(でもお城の庭から見える場所)に、もうひとつお城が。ソコはガイドさん曰く「年中開放されていて、誰でも出入りできるレストランになっています。」とのことだったので、帰り際に寄ってみることに。

ど~せ、わたしたちには敷居の高い高級レストランなんだろうね。って話をしながら探していたら…なんと!そこは!

ゴルフクラブ内にあるレストランでした。誰でも出入りできるはずなのに、敷地の前にゲートがあって50メートルも近寄れませんでしたヨ!

どおりでお城がレストランなわけだ。ははは。

金額の問題以前に、ウィちゃんはゴルフなんて縁がない人だし、わたしはあらゆる運動に縁がない。笑。なんか…格の違いを見せつけられたようでしょんぼり。

だいたいこういうお城的な建物って、ゴルフとかテニスとか乗馬関係の建物な気がする、このおフランス。あとは芸術・文化・教養関係?

余談ですが、こんなことなら小さい頃お父さんの打ちっぱなしについていったこともあったし、ゴルフとかやっときゃよかったよー!と思った瞬間でした。

親はテニスやらゴルフやら水泳やら色んなスポーツするのに、わたしときたら…。テニスは子供の頃コートに連れられて行ってたんだから、興味を持ってやっておけばよかったよ!と、本当に後悔。…あ、コート内で遊んでてテニスボールを顔面キャッチしたから嫌になったんだっけ。笑。ダメダメなんだよ!

きーさんには、ゴルフや乗馬はともかくテニスはやらせてあげたい!興味を持ってやって欲しい!と考えさせられた、ある週末の午後でした。


ココ。もっと、天候が良くて、体調が良くて、きーさんの聞き分けのいい日にまた今度行きたいな。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓