Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 いちご大福

作ってみました。

RIMG0445[2]
あんこ少なくない?とか言わないの!

食べたくても近所には売ってない。
あずきともち米は売ってる。じゃあ、作ろう!と、思い立ったが吉日。


第一日目、あんこ作り。
もちろんあんこも売ってないので、小豆を茹でて自分で練って練って作りました。

朝から小豆を水に浸ける。8時間くらいかな?たって夕方近くに、ようやく茹でられる。で、煮こぼし2回。

だいたい、「ニコボシッテナンデスカ???」状態だったんだけど、いくつかレシピを見て謎が解ける。

で、煮こぼしの後はタップリのお水に重曹入れて煮る。ひたすら煮る。あくを取る。煮る。水を足す。煮る。

そして豆が柔らかくなったら火を止めて、冷まして、バーミックスでガー!

ガーした後、濾す。

しばらく待つこと小一時間。いや、もうちょっと。待って出てきた上澄みの汁を捨てて、沈殿してた部分をお鍋に入れて、砂糖を入れて練る。練る・練る・練る!

最後に一つまみお塩を入れて、あんこは完成☆


第二日目、お餅作り。

お餅はあんこほど複雑?な工程はなくて、もち米を炊いてペッタンペッタンするだけ。でも、うちにあるペッタンできる道具っていうのが、きーさんの離乳食用の小さなすり棒。これでもち米がモチ状になるまでひたすら頑張りました。

とにかくあんこを練るのも、お餅をつくのも、体力勝負!!!
あんこを練っているわたしの後姿を見て「ローソンで買ったら百円なのに…」ってウィちゃんがつぶやいたんだけど、ホントだよ!

餅状になったあとの形成に、四苦八苦。ブヒー。後半になってようやく片栗粉(もちとり粉?)の扱いになれて、あっちにもこっちにもピヨーンとならずにお餅を丸められるように。

ちなみにもち米は1合炊いて、15個分。

写真で断面を見ると「あんこ少なっっっ」って思うけど、食べてみるとお餅のやわらかさといちごのジューシーさとあんこの甘さがお口の中で見事なハーモニーを奏でる(爆)、ちゃんとした『いちご大福』に仕上がりました。

だんご(ローソンに売ってる一口大福。)が大好物のウィちゃんも「サプライズ!!!(モフモフ)」と、中のいちごにビックリしながら、夕飯前なのに3つも食べてましたヨ。(ウィちゃんには日頃の感謝を込めて、できのいいのをまず3つ出しました。)

…ウィちゃん、夕食もしっかり食べてたけどね。まさに別バラってやつを見せつけられたって感じ。朝ごはんにも食べていくって言ってたし、「職場に(おやつに)持っていってもいいよ。」って言ったらノリノリでした。

なんか、0からは何も作れないけど、材料がある1の状態からなら、ヤル気さえあればなんでも作れるもんだよね!

今回の大福は、、、味はともかく見た目がまだまだなので、もう一回くらい作ったら上手くいきそう!ってことで、またチャレンジしたいと思います。

とりあえず15個、食べきらなくっちゃ。たぶん明日の朝にはだいぶ減ってるだろうけど。

2 Comments

telu.  

すごい!よく頑張って作ったね~すごいわ。
おいしそうだし。
私も 一昨日餡子を作ったんですが、重曹入れる作り方って知りませんでした。
だから 皮が固かったのかしら?
私も いろいろレシピを読んで研究します。笑

2012/04/14 (Sat) 01:45 | 編集 | 返信 |   

プチ梅  

teluさま

わたしも前に母と一緒に作ったあんこは重曹を入れてなかった気がするのですが、今回たまたま見つけたレシピに書いてあったので入れてみました。重曹を入れると「ふっくら、色濃く」なるらしいのですが、確かに色は濃い気がします!

あっ、ザル(うちは濾しあみの代用)に残った皮は捨ててくださいって書いてあった気がして、ほとんど崩れたのですが残ったのは捨てた気がします。だから気にならなかったのかも。

和菓子作りはとにかく気合と体力がいるんだな…って、思いました。クリームはすぐ泡立つのに!笑

あっ、今見たらクッ○パッドのレシピNo1337925でした。少量のレシピで写真がついていて、布巾で絞る工程をとばして鍋で水分を飛ばしたのですが、わたしでも上手くできる親切レシピでした!おためしあ~れ^^

2012/04/14 (Sat) 05:57 | 編集 | 返信 |   

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓