Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 手のかかるコ

きーさんじゃなくて。笑

ウィちゃんがバレンタインにミニバラの鉢植えをくれました。バレンタイン当日は出張で家にいなくて、その週末の帰り際に通りかかったお花屋さんで買ってきてくれました。(フランスのバレンタインは女の人から男の人に一方的にプレゼントする日じゃないんです。)

わたし、鉢植えは育てるのがニガテだからイヤなんだけどな~!できれば切花のほうがいいな~!(できればチョコならもっと嬉しいんだけどな~。笑)と思っていた矢先の鉢植え。

ナゼ鉢植えかと言うと、、、
『バラのブーケ高すぎて買えなかったヨ!!!』って。

鉢植えはイヤだと思いながらも、実はその少し前にウィちゃんが鉢植えを買ったお花屋さんの前を通って、同じ種類の別の色のミニバラの鉢植えがカワイイな~って思ってたところ。

わたしがカワイイと思ったバラの色はピンク。ウィちゃんが買ってきてくれたバラは情熱的な赤。なんだろ、ビミョーに趣味が合わんな。いつもはわたしに「可愛らしいものが好きだと思って。」と、どう見たって対象年齢が14・5歳の女の子用のモノをくれるくせに、バラは情熱の赤かい!

ま、いっか。今回はまあ合格としよう!(誕生日にサプライズで貰ったのは、気に入らなくて取り替えてもらったんだ。夫婦間でのサプライズはね~ちょっとね~。)

そのバラ子ちゃんが手のかかること!

初日、窓際に置いておいたら、暖房のすぐ近くなのもあって急に元気がなくなった!しおしお~。

なので少し涼しいところに移動。水を与えて、しおしおも少し復活。

復活したかと思ったら、今度はそこだと日光不足なのか、移動してから開いた花と葉っぱの色が薄い!!!

なので、暖房を下げてもう一度窓際へ移しました。(今ココ。)

ちょっと暖かいと土から小虫が出てくるし、ちょっと寒かったり薄暗いと元気がなくなるし、鉢も小さいからそのうち換えてあげなきゃならないんだろうな~と。

小さくてカワイイ花を咲かすので「オレが守ってやるゼ!」って気分にさせられるんだけど、どうも上手く育てられる気がしない~!!

話しかけて(笑)大事にしてあげないとダメなのかな。今回は家の中でちょっと大事に育ててみようって思ってるんだ。

…小虫が出始めたら、横で食虫植物でも育てようかな。(ウィちゃんの友だちが株分けしてくれるって言ってたんだ。)

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓