Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 ごはんの風景

一時、ほとんど何も食べなかったきーさん。

最近ようやく食欲が出てきました。
少しずつ回復すれば…と思ってたけど、
いきなり食べれるようになりました!!!

RIMG0156[1] 
この写真の前日はほとんど食べてくれなかったのに、
この日の朝から急に食欲が湧き出したのか…

前日は拒否したにんじんケーキ(母の愛情込み)を
わたしの分まで奪って食べる。

そしてナゼか
ハイチェアを拒否して大人用イスでお食事中。

その夜は…
RIMG0162[1]
ヨーグルトパック中。
じゃなくて、お食事中です。

ウィちゃん横でキレ気味で見てたけど、
ここでウィちゃんが怒って、
きーさんがヘソを曲げて振り出しに戻られてはなので
グッと堪えてもらいました。

ウィちゃん、ひと言
「きゅうりの薄切りはいらんのかい?」と。

(フランス女子の美容法に
顔にヨーグルトを塗ったくって
きゅうりの薄切りを貼って
パックにするってのがあるらしい)

まあ、この後はお風呂に直行しました。

1月6日のEpiphanie(エピファニー)という
クリスマスから12日目の
ガレット・デ・ロワを食べる日は、
わが家でもガレットを食べたんだけど…
小さいガレットをウィちゃんとわたし
それぞれひとつずつ用意したのを
きーさんはくれ!くれ!と興奮し、
それぞれ結局大体4~3分の1を奪って食べてた!

あの、食べれなくて心配だったお子さんはどこへ…?

甘いものは食べるけど、
甘くないものは食べたり食べなかったりとか、
お肉は口に入れて噛むけど飲み込めないとか、

なんかまだ色々問題はあります。

お肉…なんかベジタリアンなんじゃないか?
と思うこの行動。
前もお肉を食べたときに同じことしてたし、
ソーセージもそぼろも手をつけなくなったきーさん。
様子を見てみようと思います。
ただの好き嫌いかもしれないし。



今回の色々な件でわかったことは

こどもの心はすごく繊細

ってコト。

それが食欲に繋がったり、体調を左右したり。

わたしも小さい頃
「自家中毒症」って病気によくかかってたし、
だからきーさんの気持ちもよくわかる。
(この病気に当たるものが欧米にはないんだってー)
些細な環境の変化も、ものすごくショックなんだよね。

2 Comments

telu.  

食べるようになって よかったねぇ~

うちはルフィー(ONE PIECE)くらい肉を食べます。(パパ似)
まぁトマトもそうだけど 好きなものは ゾッとするくらい食べるので それはそれで胃腸が心配です。

2012/01/08 (Sun) 19:03 | 編集 | 返信 |   

プチ梅  

teluさま

ほんと、食べられるようになることがこんなにうれしいことだとは知りませんでした~。ヨカッタです。まだ好き嫌いはあるのですが、なにより食べてくれるだけでありがたいです。

コロちゃんは活発なのできっとお腹が空くのでしょうね。
でも細いから、ちゃんとエネルギーを消費しきってるのでしょうね~!

2012/01/09 (Mon) 00:23 | 編集 | 返信 |   

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓