Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 滞在許可書の更新

二回目の、滞在許可書(証?)の更新へ行ってきました。

今朝も起きて、少し熱のあるきーさん。でも食欲はあるし、わたし1人で行って何か問題があってもだし、連れて行きました。(ウィちゃんはただいま休暇中。)

で、今朝は起きるのがいつもより遅かったきーさん。
ランデブー(予約です)は、9時半。8時半過ぎにモニョモニョとタオルと一緒にベッドから降りてきた。朝ごはん食べさせて、さあ着替えようか…と、思ったら。


オレンジ絞ってオレンジジュース作ってるよ!!!うちのオット!!!


ビタミンCタップリだから!と。

いや、それはいいんですけど…時間が…。笑。もう、すでに9時なんだけど。
味見に一口ジュースをいただいたら、怒られたんだけど。
ちなみにきーさんはジュースより果肉?ポロポロしてつぶれた部分のみ食します。ジュースはあまりスキじゃないみたい。
オモシロいでしょ?ウチの人たち。

まぁ結局、県庁(郡庁?派出所?)には8分遅れで到着。でも、うちの県庁はなんの問題もなく、受付で予約時間を伝えたらそのまま待ち時間0で窓口に案内されました。ホ。
フランス人マイペースと思われがちだけど、意外と時間に厳しいからね!と、わたしがいってみる。

(ココで遅れたのをウィちゃんのせいにすると、「きみの方が遅く起きて用意に時間がかかっていた!」とケンカの元。)

滞在許可書の更新は、以前予約を取るときにもらった用紙に記入してあった書類をコピーして提出。オリジナルも提出するんだけど、特に内容を確認するわけでもなく返却されます。(パッと見同じかどうかは視認してるだろうけど。)提出書類に興味ある?そんな需要はないだろうと、そのへん割愛。

9月に入国して、申請の予約を取るのがその2ヶ月前の7月。予約は11月。そして、滞在許可書が届くのは…早くて年内?もしかすると年明け。(去年どうだったか忘れた。)そして、その届く許可書の有効期限は、、、、、入国して来た日、なので9月。9月の期限から本滞在許可書を受取るまでの期間は、仮のを発行してもらえるのでご心配なく。

1年間の滞在許可書なんだけど、結局手にしてからの有効期間は1年もナイ上に、次の更新は期限の2ヶ月前。アレ?って感じだけど、もう慣れた。慣れってスゴイ。笑。

書類全部提出して、一通り目を通されたのか入力されて、いくつか質問。いつ結婚したの?とか、きーさんの生年月日は?とか、働いてるの?とか。あと、入国後に語学口座受講したか?って。おそらくコレは、フランス語でコミュニケーションが図れるかどうか試されてる?と、思うんだけど、ウィちゃんがイチイチ横から口を挟んでくるから…ダメじゃん!

で、めげずに答えるんだけど、ウィちゃんと「どっちが先に答えを出すか?!」みたいな、早押しクイズ状態。ピローン!結婚した日だけ…答えられなかった…。ウィちゃん記念日とか好きだから、負けた。苦笑。

わたしは絶対、「仕事はしてる?」って質問に、「ノー。まだです。」って答えたときにこのマダム「働かなきゃダメよ~」って言ったと聞き取った。(今探してる、って言っておいた。絶賛就職活動中。)

でも後からウィちゃんの職業たずねて、就業場所を聞いた後はきーさんにチラリと視線を送り「働かなくてもね~。今はね~。」みたいに、さっきと180℃態度も変わったんですケド。

なんかこのあたりから態度が柔らかくなって、コレまでは「ハイ、書類出して。次はアレ。ハイ、次ソッチ。」みたいに事務的だったのに、急に親切に。いや、いいんです、移民に親切にしてたらどんどん増えるもんね…。

きーさん咳すると、アラアラこの時期みんな病気ね~なんて、軽く世間話を交え、「働いていたほうがいいの?」って聞いたら「夫婦のどちらかが働いていればOK」と言われ(だからさっきと違う気が…)、ついでに「公共料金なんかの名義を共有にしておいたほうがいいわよ」とアドバイスくれたり。(銀行の一口座が共同名義なので、それでオッケー。)

というのも。今年は喜ばしいことに、

「来年は、10年カードの手続きしてね。」って。
ついにーーー!!!

ま、コレもあたった窓口の人の対応によって違ったりするみたいだから、あまり期待しすぎずに心の準備しておこうって感じデス。10年カードは、どうやら面談?があるって話なので、いつきてもいいように勉強しておこう…と、思ってくだらないテレビみてガハハってなってるんだけど。自由・平等・友愛(リバテ・イガリテ・ファタニテ)は覚えていくよ、ムンっ!

10年カードは、一応1年ごとの更新×3年間の後のハズなので、順調に進めば順調ってコトみたいです。

と。結婚からこれまで2回の滞在許可書の更新であまり苦労をしませんでした。たぶんココの市役所だったり県庁(郡庁?)が良かったんだろうから…


来年もこの管轄から出ない。と、夫婦で誓ったのでした。


フランスの結婚だったり、滞在許可書の申請は本当に大変みたいです。
なんだか他人事みたいなんだけど、いやホントに。一時の、花○牧場の生キャラメル行列より(笑)長い行列が、支庁の前にできるんだって。朝5時とかに。考えただけでも凍え倒れそうだし、子連れとか妊婦にはキツイでしょうよ(一応優先アリみたいだけど。)…そして、紙切れ一枚が窓口の人の気に食わなかったら、やりなおし、とか。おそろしや~!結婚式前は血液検査があったり、夫婦面談があったり?とか。って、結婚する前から色々脅かされるような内容を耳にしてたんだけど、出くわしたことないんだ。ないから、たいへんなんだって~、と、他人事。


最初は「なに、このゾーン6とかって。パリじゃないじゃん…」って思ってたけど、今はマント万歳!!!なのデス。


…とかいって、来年の10年カードで引っかかったら笑ってください。どうせダメでも気楽に行こう。いや、どうせダメでも強制送還ってわけじゃないし、再チャレンジすればいいだけなんだし。


さてさて、更新された滞在許可書はいつ手元に届くでしょうか。

というオモシロくも可笑しくも参考にもならない、わたしの滞在許可書更新日記でした。

2 Comments

telu.  

私も 来年申請するときは 10年カードだと思うんだけど・・・もらえるといいなぁ。
自由・平等・友愛(リバテ・イガリテ・ファタニテ)は覚えておきます!

2011/11/10 (Thu) 01:51 | 編集 | 返信 |   

プチ梅  

teluさま

なんだか10年カードは運だって噂もありますし(実際対応してくれる人による感もあるし…)、お互い無事もらえることを祈りましょう!

リバテ~は、たぶん市役所の壁にどーんと書いてあるのでうっかり忘れても思い出せると思います!面接対策に、OFIIでもらった小冊子に目を通しておくのがいいと思うのですが、何聞かれるのかサッパリ謎ですからね…先に面接があったら、ぜひ内容教えてくださいっ!!

2011/11/10 (Thu) 23:52 | 編集 | 返信 |   

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓