Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 発熱

ウキウキ・ルンルン♪でおやつを持って、14時に保育園へ行ったきーさん。
じゃ、17時に迎えに来るね!ってしばしのお別れ。

青っパナが気になってたんだけど、食欲はあるし、元気すぎて体を持余してるしだし、こんなモノだと思っていたんだ。

天気もイマイチだったしお休み中のウィちゃんと、家でのんびりインターネットしてたんだ。(それぞれのパソコンで。)そして、16時半を過ぎた頃、滅多にならないわたしの携帯が

チロリロリ~ン♪

誰だろ??とりあえず、出る。

「アロ?」

保育園の先生(先生っていうものなのか、ちょっとよくわかんないんだけど、先生としておこう。)からでした。

内容は、きーさんが熱があるので、解熱剤(ドリプランという名のシロップ)を与えてもいいか?、与えるのに、体重は何キロか?という感じ。

結構な早口で、最初は???って感じだったので、ウィちゃんに電話代わりまっス!って言おうと思ったんだけど、なんかちゃんと反応していたみたい。「(シロップ与えてくださいの意味で)ウィウィ。(体重は)13キロ。」ってちゃんと答えてて(全くの無意識。脊椎反射だったと思う。)、39℃って始めに言ってたんだけど…なんか機嫌も悪いみたいだしと言ってたような、なにやらして、ようやく気づいて…


「39℃?!熱?!ソレッテ、タブン、今スグ迎エニ行ッタ方ガイイネ??」


って、変な声をあげてたと思う。
横にいたウィちゃんがビックリしてた。笑。

小雨の中、急いで迎えに行きましたよ~。まあ、アパート出てすぐのところなんだけど。一応暖かくするのにブランケット持って。

で、迎えに行ったらホカホカきーさんがお待ちでした。
聞くの忘れたんだけど、ちゃんとおやつも食べたみたいな様子。(ビスケットのニオイがした。)
顔を合わせた途端、珍しく機嫌が悪くなって、おお、ゴメンよ~!って抱っこして帰ってきました。帰ってすぐ小児科のお医者さんに電話して、20時に予約とのことだったんだけどキャンセルが出たみたいでスグ来てくださいとなったので、車でピューンと行ってきました。(ウィちゃんがいて本当に助かったよ~!じゃなきゃ、カッパ着て雨よけかけたベビーカー押しながら行かなきゃならないところだった。)

とりあえず、熱が3日間下がらなかったら原因を探すからまた電話して、と言われてお薬の処方箋書いてもらって診察終了。(喉は赤いけど、耳は大丈夫って。)

後でわかったんだけど、機嫌が悪かったのはこのほんの少しの時間だけで、甘え?だったのかも。キャワイイやつめ。ニヒヒ。(親バカ。)


それから一日経ったんだけど…

食欲はソコソコあるし、動き回って元気いっぱいなんだけど、やっぱり熱があるのね。お水もジュースも飲めるし、ご飯はあまりガッつきがないんだけど、フルーツやデザート類は食べるので、まぁとりあえず様子見中。

大人で39℃も熱が出たら、ベッドから起き上がれないくらいツライと思うんだけど、こどもって39℃あっても全然平気なのね。だから見てる分には気づかなくって、抱っこしたら「アツッ!」って。


きーさんのいいトコロは、解熱シロップや咳止めシロップなんかを嫌がらず飲む(吸う?)ところ。与える親としては全然困らなくて、本当に助かる!解熱シロップは2種類(数時間おき、交互に)、注射器型の容器で、奥歯の横に添えて…とかいう与え方みたいなんだけど、きーさんはお口の前に差し出すと、チューーーっと自分で吸ってくれて、その姿がまた…カワイイッッッ!!!(親バカ。)
咳止めシロップは、コーヒースプーン一匙。コレも、口の前にスプーンを差し出すと、ペロッと飲み干してくれます。(ちなみに、クループの薬は、大きなスプーンで2杯くらいのシロップを、飲み干せないとダメなので水を少し混ぜて哺乳瓶で与えて…って薬局でアドバイスされるんだけど、きーさんはスプーンでペロッと飲み干してくれるのでそんな用意もいりません。)全然面倒くさくないので、ウィちゃんがお薬当番を買って出てくれるくらいです。


まぁ、どんなに育てやすい子って思っていても、病気になれば熱も出るし、あと数年もすれば反抗期が来るってことだね。

きーさんの熱が早く下がりますように。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓