Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 いざ、ノルマンディへ!『三日目その2』

ついにやってきました、ビーチです!

着いたのは、Deauvilleというちょっと(かなり)リッチな街。
CabourgというDeauvilleより少し西側にある海沿いの街を通過して(ウィちゃんは散策したいみたいだったけど、海沿いにカジノのあるパリジャンの保養地って感じなのを知っていたので、わたしの独断でとりあえず通過。)、TrouvilleというDeauvilleのお隣の街にもわたしが行きたかったんだけど、ココはウィちゃんの意見で却下。

RIMG0082[1]

RIMG0114[1]

RIMG0115[2]

RIMG0085[1]

RIMG0117[1] 
きーさん、砂遊びです。やっぱり。
帽子かぶってくれなくて、ウィちゃんが手でガード

このビーチ、なんだか映画の舞台になった場所だそうです。
ちなみに貸しパラソルがカラフルで可愛かったです。

海沿いはこんな感じで、街中。

ビーチから街中に向かって行くと、まずカジノが。
RIMG0086[2]

RIMG0089[1]

RIMG0091[1]

RIMG0095[1]

RIMG0098[1]

RIMG0100[1]

RIMG0101[1]

RIMG0103[1]

RIMG0108[1]

RIMG0110[1] 
ノルマンディ様式の建物がずらり!と並んでいて、さらにほとんどが高級ブティック!!!観光地というよりは、パリの富裕層の保養地なんだと思う。車のナンバーもパリジャンばっかり。街行く人も、「あれは絶対パリジャン(パリジェンヌ)…」って人ばかり。

お茶をしようと思っても、カフェの価格がパリ価格。笑。
お昼を食べようと思って、海辺でサンドイッチでも買うか~って、売店で買ったものの…サンドイッチ×2・缶ジュース×2でなんとおよそ15ユーロ。何の変哲もないサンドイッチで…。しかも、ビーチ(砂浜)ではカフェのテラス席以外は飲食禁止。売店で買ったものはどこで食べろと…。(海辺のデッキの裏側に屋外プールとシャワーがあって有料で利用できるみたいなんだけど、売店はそこの利用者用っぽい。)
結局、ビーチ~少し離れたその辺の段差に腰かけて急いで食べました。

なんだろ。ケチケチ旅行者には向かない街ですね。笑笑。
でも、とってもステキな街です。もし日本からの観光で、パリをはずしてモンサンミッシェルを中心に回りたいっていう人がいるなら、この街を組み込めばお買い物もできてシックな雰囲気も味わえていいかと思いマス。

ウィちゃんとわたしは、背伸びするのも疲れるし(もうそんな夢見る年齢でもないし。)、なんだかこういう街はもういいね。って感じでした。身の丈に合わないっていうか、敷居が高いっていうか。もしもっと年を重ねて、それなりの地位になるとか宝くじが当たるとかしたらまた来たいと思いマス。きっとこの旅の初日に来ていたらもっと印象も違ったのかもしれないけど、わたしたちにはシックな街より自然の方がいいみたい…。

オサレな街並みを後にして、ホテルへ戻ることに。

時間が少し早かったので、Caenに寄ることに。あまり時間はなかったので、美術館のあるお城(要塞?)の美術館には入らず付近だけ散策。Caenは、おそらくこの周辺の都市のなかでは一番の都会かと思われる街で、たしかトラムが走っていたハズ。でも、今回は街中まで行ってないんだ。
RIMG0130[2]

RIMG0119[1]

RIMG0123[1]

RIMG0135[1] 
胸元ガリガリで切ない。苦笑。なんか、わたしもお母さんみたい?と思う一枚でした。腰回りには脂肪がつくのに、胸元ガリガリ。近頃肉質が重力には逆らえなくて、なんか自分も結構イイ年なんだな~って改めて思ふ。

砂まみれのきーさんは、車に乗る前にお着替えさせられました。
その小さな体のどこからチカラみなぎってくるわけ?っていうくらいパワフルなきーさん。


これで三日目も終了。
あとは最終日につづく♪

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓