Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 こども靴

きーさんの靴を、セールで一足買いました。(セールで買ったものは今のところきーさんのモノだけなんだけど。)

ずっと前からお店先のウィンドウに並んでいるのを見て、「こういうの、こどもが履いてたらかわいい~」って思っていたズックの靴を買いました。

買ってビックリ、高機能シューズなんですけど。。。

RIMG1247[2]

中敷が、革。

さらに、、、

RIMG1248[1]

中敷の下にもう一枚。
コレは、すぐ大きくなるこどもの足に合わせて、だいたい一ヶ月半後くらいに抜いて、革の中敷一枚にして。とのこと。

ちなみに革の中敷、足が蒸れない優れものです☆

色が、このカーキと白しかなくて、あればこげ茶色がよかったんだけどな~と思いつつ、白は汚れそうだからカーキに。最初ウィちゃんが「ナニこのアーミーカラー…」ってイマイチな反応を示したんだけど、履かせてみて驚きの可愛さ。(わたしたち評価)

白も可愛かったんじゃないか…と思った。うん。あ、白いスニーカー一足あるからいいんだけど。

靴屋さんでは、ダイナミックなおばちゃんが、足のサイズを測り~靴の説明をしてくれ~パキパキ接客してくれ、最後には風船を膨らませて、きーさんにくれました。

靴屋さんで靴を合わせてもらって、わかったこと。

一、今までの靴は小さすぎた。
二、靴下の裏に滑り止め付きのは、靴を履く時にはよくない。
三、こどもの足は思ってる以上にすぐ大きくなる。
四、家にいるときは、素足又は室内履きでいるのがベスト。

などなど。
またひとつ、学びました。
可愛けりゃなんでもいいって思ってたけど、ちゃんとした靴って本当にちゃんとしてるんだな…と、実感。

ココの靴屋さんの、女の子用のサンダルが胸がキュンキュン高鳴るほどカワイイの。あまりのかわいさに、小足のわたしは買ってもいいでしょうか…と、思うほど。ただお値段が、オトナの靴顔負けの金額。


それにしてもこの国は…モノの大きさと金額が反比例するのでしょうか?と、いつも思う。
小さいケーキとか、チョコレートとか、こどもの靴とか。それなりに手が込んでいるから、技術料ってことか。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓