Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 秋休み

先々週、だったかな?この区域の子供たち(学生さんとかも含め)はどうやら秋休みだった様子。街には(わたしより身体の)大きな子供や、本当に小さなチビッコたちも溢れていました。で、確か先週の月曜日から通常に戻ったはず。

ところが、うちのウィちゃんは今まさに秋休み?バカンス週間に入りました。何で休みなの?と聞いても、取らなきゃいけない休みだから、って言うだけ。たぶん今月末から来月末にかけて長期の出張に出るので、今年消化しなければならない(しなきゃなくなるんだろうね)休みを今取ってる模様。
あまり詳しくしつこくナンデ?ナンデ?と聞くと、家にいたらダメ?!って言われるので聞きません。

と、いうのもあって、ウィちゃんも時間があるので、今週は今までなんとなーく後回しにしながら本当は早めに済ませなければならないだろう用事に取り掛かっています。

まず、月曜日の今日は“すー・ぷりふぇくちゃー”という所へ。ココは滞在許可書の申請だったりをするところです。名前があやふや、わたしが聞いて覚えたもので失礼!
ココは朝一に行かないとものすごい人・ひと・ヒト!!!なので、早起きをして行きました。8時45分からの所に、9時過ぎに着いたら既に行列。異国情緒溢れる人々。予想通り…

わたしはフランスで結婚して、日本に帰って配偶者ビザを取得。なのでフランスに再入国した後ビザを滞在許可証に切り替えなければなりません。で、移民局?“ろーふぃー”と呼んでるところ(違ったりして)に入国しましたよ~ってことを色んな書類と一緒に連絡して、その後仮許可?と“すー・ぷりふぇくちゃー”からの連絡を待ってください、っていう連絡がきます(ました)。

再入国したのが、9月。入国してから3ヶ月以内にビザを滞在許可証に切り替えてください、というのが世間で知られているお約束。あと1ヶ月くらいでビザの期限が切れちゃうの?どうなるの?連絡はまだ来てないよ?という心配を抱え、今日、すー・ぷりふぇくちゃーへ乗込みました。

とりあえず、順番待ちの番号チケットを取る。一応受け付けに並んでみる。で、数十分待ったあとようやく今日ソコへ行った理由を『とても感じの悪い』受付の方に告げる。すると返答は「チケットを取って順番が来るまで待ってください。」それだけ。さすがにそれは並んでまで聞かなくても知ってるよ…

で、順番が来るのを待つ。よくよくチケットを見ると『66分待ち』と書いてある。長いね~。まぁ、おおよその時間なので、前のヒトの進行状況によって変わるよね。

そんな状況を見越して、ウィちゃんはPSPを、わたしは雑誌を持って行ってました。

待ってる間に座ってはいたんだけど…人いきれのせいか慣れない早起きをしたせいか段々気持ちが悪くなってくるワタクシ…。多分、こういう行列のときは妊婦には優先があるはずなんだけど…寒いためコートを着てチャックを閉めていたため全く誰も気づくワケもなく。自己申告しないとダメだった。したところで周りは子連れの黒人さんで溢れてる…ムダかも。

1時間半近く待った所で、ようやく私たちの番号が電光掲示板に!
「滞在許可証の件で、仮許可の連絡は来たのですがいつまでたってもその後の連絡がこないのですが…」という旨を告げる。パスポートを見せる。

…コレ、仮許可が届いたら連絡が来なくても1年間は大丈夫です。健康診断の案内を待ってください。

ってことでした。
あ、そう。3ヶ月以内に切り替えじゃないの?!と拍子抜け。ビザの期限は取得した日から1年になっていました。すー・ぷりふぇくちゃーの人曰く、仮許可のままで1年間問題無しにドコでも行って大丈夫、らしい。

結局、待ち損・無意味な早起きしたね~ってコトになりました。

仮許可のあと本許可まで6ヶ月連絡待ったってヒトもいれば、仮許可が切れるからって脅されたって話も聞くし…。

フランスでは滞在許可も、結婚も、けっこう各々の市役所だったり県庁所在地の裁量で違ったりします。しかも、そこで働いてるヒトによっても違うし。この前アノ人はコレでいいって言ったけど、今日のヒトはダメ、とか。あと、バカンス前で面倒くさい時とかは問題なさそうと思われたら結構テキトーに済まされたり。わたしはそのクチだったんじゃないか?っていうくらい、結婚の手続きが他の人から聞いていたより早かった。…いや、何度も面倒くさい手続きに出向かなくていいように、色々な書類をあらかじめ用意したりとか最短の方法をリサーチしたりしたんだけど。それにしても、マントの市役所は親切だったし、対応もそこそこ良かったのです。何より、色々聞いていた『面倒くさそうな事』が一切なかったんだよね~。
結婚式で市長が話す内容を理解できないようなら、結婚は承諾されませんよ。な~んて脅されたりもしたんだけど、実はこの内容、インターネットにも何を言うか掲載されてるからプリントアウトしてあげるから予習しておきなさい!って宿題?くれたり。本当は解らない人用に通訳(有料、意外と高額)つけたりするんだって。結婚式の証人も2人でよかったし。他の街で結婚した人の話によると新郎・新婦に各2人ずつ、計4人必要だったよ!って言ってたし。結婚前に健康診断(特に血液検査)が必要だったって話も聞いたし…。

わたしは“ホントにこれでいいの???”ってくらいスムーズに手続きが進むので、これでいいならこれでいいや!って感じです。健康保険だけ、予想外に早く妊娠したためにちょっと問題アリで焦ったけど、これもどうやらどうにかなってます。

ナンデ自分のことなのにこんなに適当なわけ?!と、ビックリされるかもしれないけど…健康保険問題のとき、コレばっかりは自分だけの問題じゃなくベイビーにも家計にも何よりウィちゃんに負担が大きくのしかかるので私自身で情報収集したり追求してみたんだよね。結果、ウィちゃんを困らせ喧嘩をしややこしくなる原因になってしまったので、それ以来ウィちゃんがナントカナルって言う事は疑わず、彼に一切お任せしております。なので、どうなってるのかだけは随時報告を受け、あとは従うだけ。

留学(遊学!)で来ていた頃の経験だったり、他の人から聞いたり、ネットで見たりするほど色々な手続きで面倒な事もないし、嫌な思いもしないんだよね~。

とかいって、健康保険で今全額支払いしてる分が戻ってこない!!!なんてコトになったら…恐怖なーんて心配したってどうしようもないので、前向きに考えてます♪




フランスは、ちょっと前からチラシもすでにクリスマスモード
日を追うごとに増えていく広告たち。
PUB.jpg

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓