Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 10歳!

 大ピンチ

今、大ピンチです!

家計が??
いえいえ。(ていうか、もともと。笑)

夫婦仲が??
いえいえ。(大ピンチのせいでケンカ中だけど。)


…本当にピンチ。滞在許可書申請(更新?)書類が、いまさら揃っていません。
わたしのランデブーは来週、13日。

“EXTRAIT D'ACTE DE NAISSANCE”という、日本語にすると「出生証明書」がありません。
「出生証明」には、生まれた場所・両親(片親の場合はそれで可)の名前・生年月日の記載が必要です。どちらにしても、日本の戸籍の概念はフランスにはなく、フランスの「出生証明」の概念は日本にはないので、何かと書類集めは面倒くさかったりします。

これを用意するには、

・日本から“戸籍謄本”、全部事項が載っている書類を取って送ってもらう。
・送ってもらった謄本を日本大使館へ持って行き翻訳してもらう。

と、いう作業をしなければなりません。翻訳には3日。戸籍を取り寄せるには…最低でも4日はかかりそう。と、いうわけで間に合いそうにもありません。

運よく、今回は大使館翻訳で済みそうなのですが。コレが同じ内容でも大使館では作成してもらえない“COPIE INTEGRALE D'ACTE DE NAISSANCE”という書類だと、「法廷翻訳家」という、ちょっとした専門家に書類を作成してもらわなければなりません。(しかも高額。)

ヤバイー!
大ピンチー!!!

ていうか、なんで今頃気づいたんだろう。

きのうの夜気づいて、今日の朝ウィちゃんは出張へ。
なのできのうの夜、「なんでやってなかったの?!」と、散々人のせいにされました。確かにわたしの責任かもしれませんが…でもさ、こういうのは一緒に準備しようよ、と思い…

得意の逆ギレ。笑

そのあとから口をきいてません。

だって、「あー車買ってなくてよかった!これから余計なお金がかかりそ~!」(←すでに翻訳済みの古いのを、以前翻訳をお願いした法廷翻訳家に頼んで、なんとか日付を改ざんしてもらおうと企んでるらしい。)って、イヤミまで言われちゃあ、

「わたし、べつにそこまでココにいなくてもいいんだけど。」って。
出国して、帰ってこれなくなったらそれはそれで日本にいるだけなんだけど。

日本に帰りたい気持ちをひたすら抑えて、お出かけだって控えめにしてたのに…。

本来はお買い物も、ウィンドウショッピングも大好きなのに、こんな田舎に閉じこもって田舎慣れまでして生活してるのに…。

と、いう鬱憤が一気に放出!!!
(幸い、友人に会ってパリから帰ってきた後だったからウィちゃんの被害は最小に抑えられたかと思うけど。)

こんな書類、「不手際で揃えられませんでした。揃い次第後日必ず提出するので、保留にしてください。」で、済まないの??ムリに改ざんしようとか無駄な考えとかどこから出てくるわけ??だいたい、前に市役所に提出した書類は市役所に残ってるし、それは快く借りられるし、コピーもしてくれるし、出生場所も両親も生年月日も変わってないんだから、そのコピーをとって提出して、後からきちんとしたの出しちゃダメなわけ??

と、

どこまでもにフランス人の融通のきかなさ(テキトーなくせに)と、
フランスのシステムの面倒くささに苛立ってます。

ペイ・ド・パピエ …紙の国。書類・書類・書類。




…なんで今頃気づいたかって?
前に県庁へ行った後、すぐバカンスへ旅立ったからすっかり忘れてたんだよ!

アリエナイー!!!


余談ですが、ウィちゃんが「あー買わなくてよかった」とまで言い放った車。(中古)
ウィちゃんがモタモタ迷っているうちに、どうやら買い手がついたみたいで、本来駐車してある場所に昨日見に行ったらもうなかったんだよね!
もう、欲しくたって、お金があったって買えなかったんでしょー!フン

帰ろうと思えば日本に帰るくらいの旅費は自分で出せるけど、一応ウィちゃんが快く「行ってもいいよ」って言うまで遠慮してるんだよ。夫婦なんだしさ。家族なんだしさ。ウィちゃんの欲しい車も買わせてあげたいし。

ってな感じ。


って、しめてはみたけど、わたしの滞在許可はどうなるんだろー!?!?

4 Comments

telu.  

同じ県だよね。更新なら 法定翻訳じゃなくて 大使館の出生証明でOKだよ。9ユーロ。笑
もう 戸籍謄本は手元にあるの?
なかったら 結婚の時のか 初回の申請の時のコピー残してない?間に合わない時は そのコピーを一応出しておいたらどうかしら? 私は 初回の時 そうしたよ。
後で 書類不備で連絡がきたり そのまま通っていったりするよ〜。 

2010/09/06 (Mon) 10:51 | 編集 | 返信 |   

プチ梅  

teluさま

わーい!こんなところで貴重な情報が!!

同じ県です。しかも、県庁での手続きは初めてです。(わたし、最初の更新?がOFIIだったので。)なので、結婚の時の書類は原本が全部市役所に、コピーが手元にあります。出生証明はコピーアンテグラルの方が。やっぱりコピーアンテグラルのコピー持って行って、後日提出でも大丈夫ですよね〜。って、それしかできないんですけど。

オットに伝えてみます!ちょっとホッとしました〜!

2010/09/06 (Mon) 11:16 | 編集 | 返信 |   

telu.  

私は県庁の予約の日に 大使館で翻訳がもらえる予定だったので
「明日・・・昼から持ってきます」と県庁の窓口で言ったら
、「だめよ。予約は今日(9時)なんだから」と冷たくいわれました。でも 結婚の時の書類のコピーを持って行ったら
それをコピーして その後 何も不備書類として 催促されませんでした。
人によっては 後で催促されるのかもしれないけど・・・。
とりあえず 間に合わないものは 間に合わないで 提出してみると それはそれで フランスっぽい面が・・・。笑
がんばってね。

2010/09/06 (Mon) 16:26 | 編集 | 返信 |   

プチ梅  

teluさま

そう、フランスは人によって対応が違うお国柄。とにかく“イイ人”に当たるよう願ってます!!

他に方法がないので、とりあえず後日提出しますと言って結婚の時のを持っていく方向に落ち着きました。

あ〜ドキドキします!!(時間はたっぷりあったから、自分の不手際なのに!)

2010/09/06 (Mon) 18:30 | 編集 | 返信 |   

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓