Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 日常会話

昨日、ウィちゃんと夕食の買い物へ行き「何食べたい?」って聞いたところ返ってきた答え、

「鶏のお母さんと卵の子供のやつ」

ナンダイ、ソレハ???と、一瞬二人の間にたくさんのハテナ?が飛び交いました。
鶏の手羽元とゆで卵を甘辛く煮たアレか?!と思ったけど、マモン(母)とアンファン(子)って言ってたやつ~と何度も言うので思い出した!!!

正解は、“親子丼”でした~

初めて作ったときに、親子っていうフランス語がわからなくてテキトーにリ(ライス)・マモン&アンファン、って説明したんだった。ちなみに親子って単語は結局、両親と子供パレンツ・エ・アンファン、らしい。

一応、会話も生活も成り立ってるけど…なかなかテキトーなわたしの会話術。
例えばネクタイ(cravate)と小エビ(crevette)という単語がいつも間違ってる。
出張準備中のウィちゃんに向かって“この小エビ、持って行かなくていいの?”とか。

ウソツキ(manteuseマントゥーズ)って言われて、
“そうだよ、マント(Mantes)に住んでるからManteuseだよ!”って反撃してみたり。
本当はMantoiseマントワ、なんだけど。これはモチロン知っててワザと言ってるんだよ。

通常はテキトーなわたしでも、ショッピングの時はほぼ完璧な仏語を操ります。自信マンマン!
「これと同じ型でちがう色のモノはありますか?」「検品させてください」「補償期間はついてますか?」「カタログください」「店頭のものではなく新しいもを出していただけますか?」等等、ウィさんも驚きの交渉術。なぜ、コレと同じ力を日常で発揮しないのか不思議&残念がられています。

郵便局へおつかい頼まれても、「え~通じなかったら困るから(窓口の人に向けて)手紙書いて~」って毎回お願いするくらいだからさ。(とかいって、窓口で説明受けて自動切手販売機とか妙に使いこなせるようになってるけど。そこら辺は動物的感覚で…?!)

聞いて覚えただけに、読めない・書けないの二重苦。その上テレビがあまり好きじゃないから最近じゃ見ない・聞かないで悪循環!!!ラジオは好きなんだけどね~ウチのはアンテナが千切れてるよ!!!雑音しか聞こえないから意味ナ~イ

お腹が目立つようになり始めてから、普通に気軽に街(お店)でお会計のついでに声を掛けられたりするからドキドキしちゃうよ~って、いつまでもこんなんじゃダメだよねー。
さすがに、妊婦検診とか採血の前には予習してくよ。とりあえず、単語だけでも知ってたらなんとなく何話してるのかくらいは分るしさ、分りたいしさ!って感じー

がんばりまーす



0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓