Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 おバカンス2010 ペルピニャン

ペルピニャン(Perpignan)は、フランスの地中海側、果てしなくスペインよりにある街です。

この街、ずっと気になってて、今回ナルボンヌへ行ったら(時間もたっぷりあるし)絶対行ってみたいと思っていた場所。

…なのに、ウィちゃん行きたがらず。後から理由が判明したんだけど、昔ウィちゃんは南仏・カルカッソンヌ周辺で育ったんだけど、同じ南仏でもペルピニャンはあまり行ったことがないから。

こんな感じであまり乗り気じゃないウィちゃんにお願いして、やっとこさ連れて行ってもらいました。

RIMG1908[1]

RIMG1929[1]

RIMG1909[1]

RIMG1930[1]

RIMG1937[1]

RIMG1935[2] 


この街の印象は…美男美女が多い!のは、気のせい??運河沿いで入ったカフェ(このカフェ、なんと普通のアイスコーヒーと、アイスティーがメニューにあった!しかも美味)で働いていた男の子が…超美形。ウィちゃんには内緒ですが、ウッカリ見とれてしまうほどの美しさでした。笑。

あとは、全体的なカラーが赤と黄色で、まるでスペインなの?と思うほどでした。

この街が気になっていた理由。
街自体に興味があるわけじゃないんだよねー。

わたしがたびたび話題に出す、パリの母の下の息子(パリの弟君=キキちゃんにPSGのプレゼントをくれた子)の彼女の出身地!彼女、可愛いのよね~。

最新の彼らの話題は…今年で学業を修了したパリの弟君は今、企業研修中。それを終えたら…なんと彼女の地元のペルピニャンに生活拠点を移したいと言っているとか。(彼女がパリに馴染めなかったのもあるらしい。)

パリの母は真っ青でした。
わたしの両親並に理解のある(と、思ってる)パリの父と母も、若いパリの弟君の決断にはガッカリしてるみたい。弟君の恋の成り行きを見てきた他人のわたしとしては…両親の言い分もわかるけど、可愛い弟君カップルも応援してあげたいところ。

ペルピニャン、確かに太陽のように明るく素直な弟君には似合う街でした。

なんか、彼の行動の大胆さ加減を見ていると…まるで自分みたいなんだよね。笑。気も合うし。


そんなこんなで行ってみたかった理由は、ただの好奇心でした。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓