Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 車、その後

車、わたしも見てきました。

ボコボコなのを想像していったら…全く無傷に見えるんですけど?な、状態。

運転席側のドアがこじ開けられた様子で、外側に反っている以外はなんら無傷。よーく見ると、うしろのワイパーが(腹いせに?)曲げられた跡が。

何も盗まれてないかと思いきや…ナゼかカーステレオの表面部分だけ持っていかれて、カーステレオ自体はそのまま。何のため?(ウィちゃんの車のカーステレオは、表面部分だけ取り外し式のモノなのです。)

本当に意味のわからない仕打ち。
コリャ、嫌がらせとしか言いようがない。

相手がいる事故と違って、保険がおりるかどうかもビミョーなライン。なので、警察曰く「廃車の山から運転席部分のドアだけ探してきて取り替えたほうがいいよ。」とのこと。(廃車の山に同じ車種がたくさんありそうなくらいな部類の車ってこと。苦笑。)

何のためにこんな古い車を狙ったのか?と、ウィちゃんが警察の人に聞いてみたらしく、これまた警察曰く「犯人はこういう車で盗難の練習をして、うまくいったら次の上の車を狙う。」とのこと。…練習台。そうですか。これまた結構で。苦笑。

せっかくの日曜日。
車があればIKEAに行けたのに、と、犯人を恨むのでした。

わたしでさえこんななのに、ウィちゃんの怒りは計り知れないほど。



…と、散歩ついでに車を見に行った帰り道。

マントとお隣町のLimayの間の橋の上で、テレビカメラが。レポーターがなにやらニュースのレポートしてました。

家に帰ってテレビを見ると…

“昨日の夜、15歳の少年が車を盗難。その後車(ライトを点けていなかっただか、ウィンカーをあげずに曲がったか)を不審に思った警察が追走。橋の近くに車を停車させ、中にいた少年3人を確保しようとしたところ、運転していた少年が逃走。そのまま川へ飛び込み、泳げなかった少年は溺れ、数時間後に消防に救出されたが亡くなるという事故が起きました。”

と、いうニュースが。

…車を盗難???

結局、この少年が盗んだのは親の車だったんだけど(親の車を盗むっていうか??っていうのも疑問。借りるっていわないんだね。勝手に乗ったのか、本当に盗んだのか…謎。)、このニュースを見たウィちゃんは

「ボクの車もコイツラに盗まれそうになったんだ!!!」

と、熱くなっておりました。
そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

この事件のポイントは、親の車を盗んだのも謎な事件ですが、泳げないのに少年が川へ飛び込んだこと。ちなみに少年はマント在住ではなくLes Mureauxという移民の多い街(しかもわたしの移民局の召集があった街)出身のモロッコ系フランス人とのコト。

果たして、この少年らが犯人なのか、それとも別に犯人はいるのか…

犯人なんてもうどうでもいいんだけどさ
そんなことより保険でカバーしてもらえるか、もらえないかのほうがずーっと気になるわ。


本当に、ただの嫌がらせとしか思えない事件でした。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓