Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 怒られちゃった~

ボクじゃないよ?
RIMG0927[1]


わたし。ウィちゃんに怒られてしまいました。

本日、日曜日。
明日の来客にそなえて、ウィちゃんはサロン(居間兼ダイニング兼客室兼…)のブラインドを設置してました。ブラインドは前から買ってあって、でもサイズが違ったので取り替えたりとかしてて、ようやく今日ウィちゃんの重い腰が上がりつけることに。

不器用(基本フランス人の男の人は、日曜大工が得意な人か不得意な人の2種類しかいないと思われる。ウィちゃんは後者?)なウィちゃん。本人は器用だと思ってるみたいですが、どう見ても不器用です。しかも意外と短気?のんびりで、作業は丁寧なんだけど。

サロンの窓は2つ。

午前中、1つめにとりかかった様子。
わたしはゆっく~り、お昼までゴロゴロ。

だがしかし、ドアの向こうから叫び声が。

「クソー!!コノヤロー!!×××!!!」

…?どうした?ついに狂った???(笑)

と、ちょっと心配になりながら見てみると、ウィちゃん、紐を穴に通すことができずに苦戦中。どうやら小一時間、紐を穴に通すのに四苦八苦していたらしい。

起きて、半分寝ぼけたわたし。
紐を見て、穴を見て、爪楊枝を使いながらチョチョッとやったら。あ~ら不思議、10秒もかからずに通ったじゃないですか。

ウィちゃん、愕然。

ごめんね。わたし、けっこう細かい作業は得意なんだ。やらないだけで。

とまあ、1つめのブラインドは無事ついて、2つめには昼食後に取り掛かることにしたウィちゃん。でもとりあえず、取り付ける金具だけ壁に付けとこうと着手。

…ネジが、壁に思うように刺さらない。
イライラ、イライラ。
工具の悪口言い始める。でも、その工具、私が日本から持ってきたドライバーセット。文句言うなら、自分の使いなさいよ!とわたしに怒られる。しょんぼり。

わたしは横目で見ながらキキちゃんのお世話。お風呂→着替え→ミルク。

昼食は以前からウィちゃんが「中華セット」を買ってあって、それを『自分で』作ると言っていたから手を出さずに。

ご飯を作って、食べて、作業再開。

キキちゃんがぐずり始め、作業も思うように進まないウィちゃんイライラ。

「ママなら、なんとかしてよ!!!」って怒り始めたものだから、しょうがないからわたしはキキちゃんを連れて寝室のベッドへ。

遊んでるうちにグーーー
キキちゃんもグーーー

寝てた。

1時間後くらいに無事ブラインド取り付け任務完了したウィちゃん、わたしの横で寝てたキキちゃんが空腹でぐずり始めたから寝室にやってきて、

わたしに、
「ミルク、あげてあげてよ」

って言われる。

ミルクをあげるウィちゃん。
お気づきかと思いますが、ウィちゃん。とってもいい夫なんです。

ミルクを飲ませ、おむつを取り替え、それでもご機嫌ナナメのキキちゃん。退屈なんです。

ここでついにウィちゃん大爆発!!!

ベッドの上でゴロゴロし続けてたわたしに「起きろーーー!!!」と、殴りこまんばかりにやってきて、

「今日一日中ボクは働いて、働いて、働いて…キミは何もしないで寝てばかりで!!!」大層なご身分ですね、というようなことを言っておられました。

ふだん怒らないからビックリしちゃった。いや、怒るけど、こんなに本気で怒ってるの見たことないかも。

ビックリして( ゚д゚)ポカーンとしてるわたし。
言いたいこといい終わったらしく、プイッてなったウィちゃん。

しばらくプイッてしてたけど、散歩と夕食を兼ねて近くのケバブ屋さんに連れてってくれたウィちゃん。

さっき寝る前に、怒ってたことを後悔してたみたいなウィちゃん。でも相当怒ってたらしく、根に持ってる的な態度が見え隠れ。

でも全然反省してないわたし。ゴメンね。
こんなわたしは

「言いたいこと言ってスッキリした??」(・∀・)ニヤニヤって。
KYです、空気、読めてない。
そしてダメ女、炸裂。

でも心配しないでください。
ウィちゃんは、こうやって面倒を見てシアワセを感じるタイプ。世話をやくのが好きなんです。本当は怒ってませんよ、きっと。

「ブラインド、つけてくれてありがとう。部屋が素敵になったね。」って言ったら、カンカンになってた頭も冷えて、うれしそうなウィちゃん。

ほらね、お互いがお互いの操作方法をわかってるでしょ!笑。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓