Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 マントの街を歩いてみれば

実は、フランスでは悪名高いマントの街。

数年前まで治安が悪い事で有名だった…らしいのです。
うちはマントです。って言ったら、友人の長くフランス在住のお知り合いが間髪入れず「大丈夫?!」と驚いていたそうです。苦笑
さらにウィちゃんの同僚でさえ、うちに遊びに来てくれるまでは想像していた街はこんなキレイで静かな所ではなかったそうです。苦笑

なーんか一昔前は麻薬の取引だったり、暴動だったりでよくニュースになった街だとか。
Le Val Fourre(ヴァル・フォレ)という地域が町の西側にあるんだけど、ソコが今でもヨロシクナイ雰囲気を醸し出していたりします。例えば、街並みや建物も全然私の住んでいる中心街とは違うし、マクドナルドの空き袋が一面に散らばっていたり、とにかく一目瞭然。さらに何かイベント事があると、車一台丸焼けになったっていうニュースも未だあったりします。
でも、そんなこと(車が燃える)パリだってよくあるお話でしょ?と町民としては思ってしまいます。この前もシャンゼリゼで何か燃えてたし…って、それは抗議のデモか何かだったんだけど。(それにしても都会はスリや空き巣も多いし、あ~コワイ!コワイ!と田舎モノは思うわけ。)

そういうわけでこのヴァル・フォレという地域、わが家からは結構離れているので車で通る事はあっても、滅多に近寄る事はありません。そう、住み分けされているから近寄らなきゃいいんだよ!街中は優雅な騎馬警官だったりローラーブレードや自転車に乗った警察官が爽やかに巡回してるし、彼らが不審者や昼間の酔っ払いでさえ対応してくれるので和やかです。中心街は夜も治安は悪くありません。

MANTEJ.jpg
“私たちの街はあなたたちのおかげで以前よりキレイです。ありがとう”という町のポスター。

コレの前のバージョンが“J'aime ma ville propre 私はキレイな街が好きです”だったんだけど…つまりは牽制だよね?!日本のトイレで見かける“きれいにご利用いただきありがとうございます”と同じ意味だよね~とか思っちゃった。

これからマントも色々な施設ができたりするようで(注目株はモノプリ)、ちょっと楽しみです♪

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓