Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 9歳!

 今週明け、その時

MIKANtoFIG.jpg



月曜日、洗濯機でも回しながらネットしよ~♪と思っていたら、朝からウィちゃんが不穏な動き…

なんか、病気みたい…ってこと。

確かに金曜日の夜に帰ってきたときから鼻ぐじゅぐじゅ、顔はポーっと赤く、いつもと違う様子。でも熱はなし。なので、家の暖房で頭が熱くなって、足元が冷えてるから変な感じなのかな?外との気温差も大きいし、身体が慣れてないのかも、と思って気にしない。
(先週のマントは異常に冷え込んでいて、終日10℃以下。寒かったもんね~)

土・日は至って元気な様子。

日曜日の夜にまた鼻ぐじゅぐじゅ、顔がポーっと赤くなり、でも熱はなし。

そして月曜の朝…。眠れなかったし、お腹が痛い気がする…、病気かも。って。私にお医者さんは何時から診察してくれるんだっけ?と聞き始めた。で、時間になって電話してみたけど、残念ながら忙しいみたいでその日朝一は診れないってコト。(インフルエンザも流行ってるし、お医者さんも忙しそう!)

でも、“病気”と自己診断すると、これまでウダウダしていたのが一気に動き出し、行動が早いハヤイ!!!服をサッサと着替えて、出かける仕度。

どうやら、車を駐車違反の取られないところへ移動し、予約なしで診てくれる違う病院へ行った模様。ここ、私たちが避けているお医者さんがいるキャビネ・メディカルという小さい病院みたいな所。何がイヤかって、ここの医者が症状だけ聞いて特にこれといった診察をしてくれず。そして診察料金だけ告げて終了するイヤミな感じ。今回もウィちゃん、喉は痛いか?と聞かれたけど、一切診ず触らずだったらしい。苦笑。

なぜこんなお医者さんに行ったのかというと…arrete maladie(アレット・マラディ)という診断書、ドクターストップが必要だったのです。これをしっかり貰って、二日間ゆっくり休養に入りました。

お医者さんには一応お腹が痛いなら野菜はあまり食べない方がいいよと言われたらしいのですが、14時くらいまでぐっすり寝かせ、お腹が減っていたら可哀想と思い、オット思いの妻(笑)はポカポカのじゃがいものポタージュを作ってあげました。(弱って寝てるのに、ガタンゴトン音をたてて料理をするあたり、気が利かない?!)これを美味しい!と言って2杯完食、見るからに風邪?は完治してるよね。その後は元気そのもの。おしゃべりしたり、PSPしたり、インターネットしたり、テレビ見たり。

あまりに元気なお姿なので、私(ドクターマモン)の診断は月曜病“maladie du lundi”マラディ・ドゥ・ランディと判断しました。笑。フランスにもブルーマンデーなるものはあるのか、ないのか…?

夕食もしっかり食べて、デザートにむしゃむしゃいちじくを食べていたし、なんともない様子。一応二日間のドクターストップがかかっているので火曜日も休養しました。

火曜日の夜、シャワーを浴びてしばらくしたら…また鼻ぐじゅぐじゅ、熱はないのに顔が赤くポー…と、始まった!

もう容赦はしません。元気だった朝から約束していたゴミ出しをお願いし、すでにパジャマにガウンを羽織った姿を何度も気にしながら渋々「ぼくはいいオットでしょ~」とか言いながらもゴミを出しに行ってもらいました。
そしたら…外で、階下のクレープレストランから出てきた4人連れのグループと鉢合わせして、なんとも気まずく気恥ずかしかったんですって。ギョっとしてた~!って言ってたから。きっと、シードル(リンゴの発泡酒)を飲んで、お腹いっぱい食べて喋ってホロ酔い加減だったであろう4人連れ。パジャマ姿のウィちゃんにビックリするよね!
クレープっていっても、日本のおやつクレープじゃなくて、メインもデザートもクレープの本格カジュアルレストラン。暖かい時期はテラス席も満席になって、深夜近くまで賑わってるので案外美味しいのかも、と思ってまだ一度も試しておりません。こんなに近いのに~

水曜日の朝は普通に仕事へ行きました。ヒドイ風邪とかインフルエンザじゃなくてよかったー!

KONA.jpg
*オマケ*なんかいかにもフランス的見た目の粉。小麦粉?Type45とあるので、恐らく薄力粉みたいな感じ。このType45を何にでも活用して、お菓子を作ったり、料理をしてます。ケーキだろうとなんだろうと粉なんて振るいません!計りもないので軽量カップで分量はかってまーす。細かいことは気にしな~い♪


0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓