Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 7歳!

 招かれざる客

ウィちゃんがわが家に同僚をお招きしました。

タヒチアン(タヒチ人・白人)
26歳
ポッチャリ体型
超親日家
ウィちゃんもびっくりのやさしきココロの持ち主
の、嫁募集中です。

…どなたかご興味ありませんでしょうか??

ただ、、、、、

ゲーマーです。超がつくゲーマーです。はっきり言ってしまうとオタクの域を超えるゲーマーです。自他共に認めてます。苦笑。本人もこのゲーム好きを認めてくれる人を探し求めているようです。

ポッチャリもケンタッキーのおじさんをイメージしていただけると近いかと。いや、くまのプーさん???

とまぁ、こんななので、モチロン彼女はいないようでゴザイマス。

でも、ホントに優しい心の持ち主で、彼の滞在時間中キキちゃんが何度泣こうがわめこうが嫌な顔ひとつせず、ニコニコ「赤ちゃんはこうだよね」とキキちゃんを見守ってくれる彼。男の人にしてはめずらスィーーー!!!職場でもあまりにも優しすぎてウィちゃんが心配するほどです。

タヒチの男性は優しいの?
(わたし、オットの国籍選びマチガエた?!笑)


なんでそんなイイ人が招かれざる客か…

その人が、じゃなくて、わたしは基本的に“わが家でご飯を食べていくお客サマ”ってのがダメ。なぜかって、わたしが料理がニガテだから。。やりたくないんだよーってソレだけです。もう、うちにご飯を食べに来るってきいたらゲロゲロ~と思ってしまう失礼な女です。

フランス人、わたしが日本人妻ってだけで日本食を期待してわが家にやって来る。その期待に応えないワタクシ。前回お招きしたカップルは、ウィちゃんの手料理を食べていただきました。彼らの拍子抜けした顔といったら苦笑。

ナンダイ日本人にも家事がニガテな女はいるんだよ。って証明しました。三歩下がってオットに寄り添うだけじゃないんだゼ、日本女子は。と、フランス人の理想を崩してしまったワタクシ。

堂々、家事ニガテ宣言したっていいじゃない
と、こんななので、毎度“わたしは料理がニガテです。できないし、できることならやりたくありません。”と、ドコへ行ってもどんな人にも言ってます。日本のお姑さんだったら、口が滑っても言えないよね。(爆)…やりゃ~できるんだよ。でも、どんなに惚れた相手を前にしても、“アナタのために頑張る”なんて言えないわぁ。

(あ、妊娠していたときは別。お腹の中のキキちゃんのために頑張ってました。あの時はホルモンの関係でヤル気マンマンだったんだろうね~)


それで、今回は親日家の彼のために何をおもてなししたかといいますと、、ウィちゃんに頼まれ結局わたしが作ったものは、、、
ホタテのバター醤油炒めと、おいなりさん。です。ホタテはマルシェで朝まだ動いてるフレッシュなものを購入。(生でも食べられますか?って聞いたら、頼んでもいないのにカルパッチョ用にさばいてくれました。)おいなりさんは、いなりキットが家にあったので酢飯を作って詰めるだけ。そういえば鮭ごはんにしようと思ってサーモン切り身買って塩を振っておいたのに、忘れてました。残念。あ、あとチョコレートケーキをデザートに。なんだかよくわからない組み合わせだけど、一件落着。。


わが家に来るウィちゃんのお客サマ…
お茶だけで勘弁してくだせぇってコレが本音です。。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓