Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 10歳!

 マスク量産

ぶどう酒の街の中心地や多くのお店がマスク着用を義務付けていたり推奨したりで必要になると思い、作りました。

改善点は色々あるけど、おおむね満足。
20200512104935edf.jpeg


前回立体裁断型マスクを作ったら、小さい!と不評だったので、大きめプリーツ型にしました。…立体裁断って縫うの面倒なのに。

日本のサイズにすると、意外や意外、ウィちゃんに小さい!ウィちゃんが我が家で一番小顔だと思っていたら、正面から見たら小顔に見える“だけ”で、マスクに隠れるアゴ部分はしっかりしているという骨格についての発見。
わたしの顔は横幅はウィちゃんと同じくらいだけど、縦に短く奥行きがない、と判明しました。ウィちゃんやきーさんと比べると、マスクをするとアゴどこ?というバランスで。なんだかなぁ。

自分の顔は見えないし、毎日見てる顔がわたしと比べてそんなに違うと思っていませんでした。笑笑

久々に外に出ると、わーガイジンさんいっぱいいる〜と感じるのですが、よくよく考えるとわたしの方がガイジンなんだと気付くことがあります。

写真撮るとウィちゃんが一番小顔に見える不思議。。。小顔小顔って騒ぐけど、小顔とはなんなのかを考えさせられたのでした。

あと、フランス人はアゴまですっぽり隠れる大きなマスクが好きみたいです。

今回はきーさんとわたしは同じサイズ、ウィちゃんには大きいサイズを用意しました。

市からも世帯に二枚マスクが届きましたが(しかも県内製!)頭の後ろにゴムをかけるタイプなので、普段は自家製のが便利だよね、ということになりました。

誰かをディスるわけではありませんが、このフランス(自治体ごと)の対応の速さには関心です。(マスクないから)効果ないし!ってこの前まで言ってたフラ人のお偉い人が、やっぱした方がいいから規制明けまでに配ります!って言ったら、ホントに届いた!

規制解除初日、さっそく自家製マスク着用して、スーパーへ。

手芸屋さんでゴムも買えたので、よかったよかった。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓