Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 10歳!

 半径1キロメートルの世界

わたしたちは今、居住地から半径1キロメートル以上出てはいけない生活を送っています。(たぶん絶対1kmってわけじゃないけど(必要なものが売ってるお店がその範囲内にあるとは限らないし)正当な理由がないと罰金…初回135ユーロ又は375ユーロの反則金(反則金不納付で訴追された場合の罰金は最大750ユーロ),15日以内の再度の違反について200ユーロ又は450ユーロの反則金(反則金不納付で訴追された場合の罰金は最大1500ユーロ),30日以内に4回違反した場合には最大6か月の拘禁刑及び3750ユーロの罰金(並びに必要に応じて公益奉仕活動・運転免許停止)となっています。在仏日本大使館HPより)

うちの最寄りはこの辺で一番大きな総合病院もあるし、救急車はよく通るけど通りすがりの警察以外今のところコントロールしているところは見たことありません。

それにわりと、この近辺の人ってスーパーへ行ってもマスクをして薄いシリコン手袋してって、警戒していて無駄に外に出ている人はいなそう。本当に、ちゃんと、1メートル以上の間隔を保ってスーパー入店も列を作り順番を守る。(たまに待ちくたびれてブーブー文句を叫ぶ人もいますが、まぁフランス人なもので気にしない。笑。)

少し時間が経っているので間違いはあるかもしれませんが、はじめ、確か…3/12に翌週から全学校が休校になる(フランスは3歳から保育学校なので、3歳〜大学などの高等教育機関まで全部)っていうお知らせがありました。この時点でウィちゃんが金曜日もきーさんを休ませる!と心配していたんだけど、結局金曜日の朝きーさんは自己判断して「行く!」と言ったので連れて行きました。わたし、この日店長が臨時休暇くれました。今後のことを職場にも伝えなきゃだしきーさんの学校帰りを待つ間、ウィちゃんの職場の連絡を待つ間の長かったことよ。

学校が休みになるので、それに伴って子持ちの人は一時休職可になったんだけど、うちはウィちゃんの職場が通勤とリモートワークの半々勤務になって、ウィちゃんはしばらく自宅でリモートワーク組になったのでわたしは仕事に出る予定です、ウィちゃんが出勤になる週だけパート出勤しますという方向に。

翌3/14は不安ながらも普通に仕事に出ました。

20200401075314400.jpeg


3/14の夜家に帰ってテレビ見てたら、いきーなり!マクロン大統領がレストラン・バーを今夜12時をもって営業停止させます!宣言。それと生活必需品を扱うお店・薬局・新聞や収入印紙を取り扱うタバコ屋さん等以外のお店は休業です!宣言。なので月曜日からこの週はお休みになりますって店長から連絡が来て、それから数日後に、政府の決定に従って…外出規制が解除になるまで休業っぽい的内容が会社から通達されました。

3/15(日)に市長選の一巡目があって、確か…3/16に緊急事態宣言みたいなのがあって(15日の日曜日にあんまりにもお天気が良くて、みんな外でまったりしちゃったのよね、フランス人。それがみーんな同じ考えで、同じような場所に集まっちゃって。苦笑。危機感の薄さに大統領お怒り?これは戦争です!って何度も強調してたから…)3/17からいわゆる話題のロックダウン!

身分証明書と外出許可書を携行しないと外出できない生活が始りましたー/(^o^)\
確か1週間を過ぎてあまりにも違反する人が多くて、次の週から厳しくなったはず。それが今の1キロメートル以内1時間以内1日一度きり、だったはず。
どうやって1キロメートルって1時間って知るかって、外出証明書に記入するんですよ!住所と時間を!

フランスの感染者推移はイタリアの10日?2週間前?をたどってるって言われてて。(この辺の事情は辻仁成さんや他のフランスについて書かれてる方が詳しいので検索してみてください)

今フランスはパリ圏と東部ではもう病床数が飽和状態、感染者数の少ない南西部や死者数の少ないドイツやスイスに患者を移送しています。

右肩上がりに増える感染者数、足りなくなる病床数っていうけど…ニュースを見ていると、軍が病院にテントを張り始めて臨時の野戦病院みたいになり始めてるし、マスクは足りない医療機器(人工呼吸器)は足りない…と本当に、ちょっと信じられない光景が広がっています。(マスクは注文していたものや援助されてきたものが中国から届いたとか…)

中国が、イタリアが…って見ていた光景がすぐそばに迫っているのでは。

日本は今、数字だけ見ると、フランスの3/10らへんの感染者数。わたしが気になるのは…今までは中国からの観光客が持ち込んで広がったと思われていたウィルスが、これからはヨーロッパやアメリカから、緊急帰国した無症状感染者が広げていくんじゃないかということ。(3月初めに結構見たよ!卒業旅行なのかな〜?っていう人たち!急いで帰ったんだろうなぁ…)
観光客だと、観光地とか限られた行動範囲なので普段の生活圏とは重なっていなかったけど…無症状の自国民なら、わたしたちと同じ生活圏で同じような行動をする…と思うと、今までよりちょっと恐いのではないかと思います。

その結果がわかるのが、2週間後なのよね。2週間後の感染者数。それが伊西仏の通ってきた道なの…

咳をしている人、熱のありそうな人には近寄らない…自分や近しい人の身を守るには、ちょっと知らない人に失礼な態度を取っても、今はそれくらいしないと!と思ってます。わたしなら(今のフランス人なら)迷わず避ける!なんでもない健康な人とでさえ、道ですれ違うのも極端に1メートルくらいの間隔をとります。スーパーの狭い通路なんて譲り合いよ!
目の前で誰かに倒れられたら距離を保って救急車呼ぶ!熱のあり倦怠感のある人は…家で様子を見てほしい!!!そしてまず電話で相応の機関に相談!!!自身のためにも、ウィルスだった際に広めないためにも!!!

自粛中だから出ない、自粛解除だから出るじゃなくて、もはやこれは自分で判断して避けるべきものは避ける!しかない!


テロはあるしデモはあるし、今度はウィルスかいー!って、誰がこんな時代に生きることになると想像できたことか!

20200401073757a81.jpeg

20200401073843d94.jpeg

うちから1キロメートル以内はぶどう畑〜
はじめて買い出し以外での外出。本当に運動不足になってしまう!健康のための外出も、個人か同居人一人とまでと決まっている…
中心街までは4キロあるので行けません。毎日通っていた場所にもう2週間以上行ってない…生活はガラリと変わりました。

20200401073935afc.jpeg

買い出し帰りに見つけた桜〜
買い出しでさえ、八百屋さんの前には入店は3人まで!と書かれているし、スーパーにも人数制限あったり、大人は1名ずつのみの入店でって書いてあったり。だからウィちゃんと共に行けず。

けど、南西フランスぶどう酒の街は、生活は普通にできています。

日本では…ここまでならないことを祈ります!日本は最後の楽園であってほしいー!と、ヨーロッパに住む日本人は思ってるはず(ToT)

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓