Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 8歳!

 フランス産のカツオ節

20181118072805ca4.jpeg

フランスはブルターニュ地方で、カツオ節を作ってるんです、

というのを知ったのはつい最近。

たまたま、ブドウ酒の街で出張料理人として活躍されているという方のブログ?かなにかを拝見して知りました。

カツオ節って発酵食品なので、輸入制限がかかるとかなんとか。で、なら工場作っちゃえ…ってそんな簡単ではなかったのでしょうが、実現されたんですよ…

スゴイ。凄すぎる。。。

そのカツオ節を見つけたので、迷わず購入。

ところがどっこい、わたし、料理なんて普段しないもので、カツオ節の使い道わからず…

おおお、お出汁?いや、お出汁とったところで、そのお出汁をどうしょう?苦笑

出汁をとるものといえば、味噌汁の出汁は煮干派なもんで。それか昆布。カツオ節のお出汁とったら、このパック一度に使いきっちゃうんじゃないの…

ウィちゃんは、たこ焼きの上でユラユラしていたカツオ節に恐怖を覚えてしまっている人だし(わたしが、ほかほかのたこ焼きの上で湯気でユラユラ揺らめいてるカツオ節を「生きてるんだよー」と冗談で言ったために信じてしまった。笑)、きーさんは海苔やふりかけのようなものは「ゴミついてるよ?」っていう人なので…う〜ん、どうしましょ。

結局、パクチーサラダの上に、白胡麻と一緒にふりかけました。

…活かしてあげられなくて、ゴメンね、カツオ節。そのまま食べても美味しいよ。
昆布(おつまみ)、とろろ昆布、乾燥ホタテ、煮干…出汁のとれるようなものをそのまま食するのが好きなので、どうにかするのを諦めて、素材そのままを楽しもう…

あ、お豆腐が一丁あるし、冷奴か湯豆腐にでもしようかしら。
甘辛くしておにぎりの具にも。うんうん。


フランスでカツオ節が作られるようになって、より一層「本物の」日本食がフランスで浸透してくれるといいなぁ、と願います。

ブドウ酒の街に、お手頃なお弁当やお惣菜を扱ってくれるところができるといいのになぁ(´・_・`)
あと、和菓子のお店もできてくれるといいのになぁ、と、密かに思います。クレープみたいに、御座候(おやき、大判焼)を対面販売してもウケると思うんだよなーーー

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓