Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 8歳!

 14年越しの夢を叶えに

20181101085848184.jpeg

この、地球の歩き方を購入して、とあるページに目が留まって。
せっかくフランスにいるのなら、いつか、これだけのために行ってみたい!と、心に秘めていた地へ行ってまいりました。

パリからは遠いのですが、ボルドーからだと車で二時間ほど。

今回は事故渋滞に巻き込まれてしまい四時間近くかかりました…事故に巻くこまれたわけではないので、運良く、と思っておこう。

途中のパーキングエリアでトイレ休憩中、わたしの店長からメールがあり、店長とは入れ違いで一週間ほど顔を合わせないので、返信を。(不手際ではない。あえていうなら、わたしが休み明けにやろうと思ってたことを、店長がやっておこうか?っていってくれたので、お願いしゃーす!っていうもの。)電波のある場所で、早く送ってしまわねば〜ともたもたしてたら、そこで少しだけ予定より時間をとってしまいました。
その後出発してしばらくして、カーラジオから目的地高速出口付近手前で事故、工事で車線縮小のため事故処理も遅れ、一時間以上の渋滞。可能なら、一番近くの高速出口から出て一般道走るか、近くのサービスエリアで休憩してください、って。もう、次の出口が最寄りの一歩手前、その出口まではサービスエリアもない場所まで来て、この時点までに予定到着時間が30分ほど…

渋滞でイライラは募るし、事故を想像したきーさんはポロポロ泣き出すしでしたが、もし少し早く出ていたら事故に巻き込まれてたかも?!と思うと、あそこでのんびりしておいて良かったのかも。

ようやく到着した、、、


フランス、チョコレート発祥の地、バイヨンヌ!!!

フランス側のバスク地方です。

20181101085845cf6.jpeg

ショコラ・ムソー(直訳・泡たっぷりホットチョコレート)
と呼ばれる、これを求めに。14年前に、わたしが開いたページの写真のままの姿でした。
感動、感激、言葉に表せない喜び!

20181101085847276.jpeg

ショコラと並んで定番らしい、バターたっぷりトースト。

翌日朝は、ネットで「ベスト ホットチョコレート バイヨンヌ」とフラ語で検索して見つけた別のお店のショコラショーを堪能しに。

20181101085850a71.jpeg

ウィちゃんびっくり、これが動物的嗅覚というものか、全く迷わず一直線に見つけられた目的地。

夢のような街、バイヨンヌ。

20181101090022416.jpeg

散策中偶然発見した、カカオ豆の焙煎からしてるという、チョコレート屋さん。
Monsieur Txokola
焙煎マシーンなどのあるアトリエが見れます。
カカオ豆の産地別チョコが売ってます。

20181101085919bf9.jpeg

バイヨンヌといえば、ハムも有名。


バスクの建物

20181101085918233.jpeg

20181101085851e6e.jpeg

20181101085924e2e.jpeg

ホテルのエレベーター
怖くて乗れませんでした。苦笑

20181101085921ecd.jpeg

バイヨンヌの中心にある教会。
一番の見所っぽかったのですが、ウィちゃんが陽の出ているうちは建物の中にこもりたくない、という意見で、街散策の後入ったときには時間切れ〜
とても素敵な回廊?なんていうんでしょう?があったのに、残念。次回持ち越しということで。

20181101085922297.jpeg

夜化粧のバイヨンヌ。


一泊二日と短い旅のため、バイヨンヌメインでビアリッツは期待してはいなかったのですが〜

高級リゾート地というイメージだったのですが〜

20181101085951253.jpeg

2018110108595350d.jpeg

海岸沿いの景色が、とても良い!

2018110108595403a.jpeg

20181101085955ef6.jpeg

どんな写真を撮ってるのか気になる…

20181101085957aa8.jpeg

20181101093200f93.jpeg

乙女の岩?的なものがあって、なんだか心許なさげな橋を渡って行けるのですが、打ちつける波としぶきにおののき、もちろん手前で写真を撮るのみ。笑

2018110109001640c.jpeg

サーファーがたくさんいました。

海岸沿いを主に、少しだけ街中散策。

20181101090017f8a.jpeg

なぜ、この土台の上にこの様式の建物をのせた?と、大いに考えさせられる建物。

20181101090019cbe.jpeg

ビアリッツは、エルメス、ゴヤール、ジュストカンパーニュのあるリッチな香りのする街でした。

ヴィトンのあるボルドーとどっちが上だろう…
どおりでボルドーでゴヤールのトート持ってる人、よく見かけるんだよなー、という謎が解けた瞬間でした。パリじゃなくビアリッツで買ってるんだろうなぁ。



20181101090020a01.jpeg

バイヨンヌで食べ比べに買ったチョコレート。
ボンボンチョコレートも買えばよかったなぁ、と思ったけど、ショコラショー(ホットチョコレート)で満たされ夢心地だったため、それ以上チョコレートを買おう、と思えなかったんだな。旅の予算もあることですし。

バイヨンヌのショコラショーは、ココアではなくホットチョコレートで、今まで口にしたどんなショコラショーよりも濃厚なのに、大きなカップ一杯飲んだ後にお腹がズッシリ、うっ…となる感じもなく、毎年冬になったら恋しくなる!という感じでした。わたしがチョコ好きだからなだけで、甘いものが苦手な人にはズッシリなのかも、ですが。

14年越しの夢も叶い、魅惑的な地でした。

4 Comments

naotin  

良かったね~!

スゴイスゴイ!!
素敵な街だね~ショコラ・ムソーもふんわり可愛くて。
14年も前から憧れていた場所に行けて良かったね。
20代前半からか・・・笑
時がたつのは早いね。いつも言ってるけどさ。

2018/11/02 (Fri) 04:51 | 編集 | 返信 |   

プチ梅  

naotin さま

かわいい街並みだったよ。
(ウィちゃんとの旅行あるある、天候はイマイチだったけどね!)
14年憧れ続けてたのはショコラ・ムソーだよ(๑˃̵ᴗ˂̵)笑
モコモコ泡のホットチョコレートの写真に目が釘付けになって。よくよく読んだらフランスのチョコレートの発祥の街って。
まさか、本当に叶う日が来るとはだよー!

ほぼパリしか行かない予定だったのに買った本だったのにね。20代前半で買った本がまだ現役!

2018/11/02 (Fri) 21:53 | 編集 | 返信 |   

naotin  

To プチ梅さん

憧れていた「場所」っていうのは、ショコラ・ムソーの「お店」ってことで~!!笑
そのショコラ・ムソー、私でも味わってみたいと思わせるビジュアル♡
なんかさ、カップ&ソーサーまでプチ梅好みに見えてくるよ。
チョコレート発祥地の本場チョコ食べてみたいな☺

2018/11/05 (Mon) 03:46 | 編集 | 返信 |   

プチ梅  

naotin さま

そう、憧れ続けてたのはショコラ・ムソーのお店カザヌーヴ!笑。
カップアンドソーサーは、ロイヤル・リモージュのだったよ。(しっかりチェック済み。笑笑)
このモコモコの泡どうやって作るんだろうね…もう、見た目も裏切らない味でうっかりココだけで満足するところだった…
もう一軒のショコラ・パスカルっていうチョコ屋さんの方は泡はなかったけど、こっちも美味しかったよ!

札幌のサタデイズチョコレートのチョコレートドリンクを今度行った時賞味せねばだよー!
札幌もなかなかのチョコの聖地だよね♫

広島県にカカオ豆から選別してるウシオチョコラトルっていうところがあるらしくて、いつかそこに行ってみたいと思ってる…この調子だと14年計画かな。それまで続いてほしい〜

今回の旅行は、ウィちゃんが一週間前にポッと言い出して、本当に行くとは思ってなかったんだけど。行くと決まったら熱いチョコへの思いが溢れ出したよ〜ヒヒヒ

2018/11/05 (Mon) 09:37 | 編集 | 返信 |   

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓