Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 8歳!

 お城めぐり

20180514063905d83.jpeg

祝日が続いていたので、ブドウ酒の街から南車でおよそ一時間弱のところにあるRoquetailladeというお城へ。

去年行った時に、行った時間帯が遅く見学できなかったので、二度目のチャレンジ!

今もまだ代々続く家族が住んでいるらしく、なんと7百年も続いているそうで。敷地内にあるチャペルに代々の城主とその家族が埋葬されているらしく、そのチャペルは2百年前だったかから手をつけられずずっと同じ状態で保存されているとか。今も城主の家族の洗礼や結婚式やお葬式などなどに使われているそうです。城内は写真禁止だったので写真は撮れませんでしたが、今も鮮やかでそんなに昔から手付かずなんて信じられない保存状態!

外観は要塞ですが、中は豪華絢爛〜。色も鮮やか。ブロンズのシャンデリアも素晴らしい。でもいくつかの装飾は革命時に盗まれたとか。

きーさん、運良く甲冑の兜の部分(本物)をかぶる機会に恵まれる。グループ皆の前に見本で立たされ兜を被されて緊張する?照れる?きーさん。写真撮れなかったのが残念〜!こんな機会は滅多にないので、ウィちゃん羨ましがる。笑。

代々の城主の主な収入源がワインらしくて、場内の一番広いホールの内装が終わっていないんだけど、それは一時葡萄の病気が流行ったために工事費が払えなくなってしまったから…とか。なので何百年?百何十年?前から内装工事が止まっている部分がありました。そういえば、ワイン博物館?へ行った時に、なんかそんな(葡萄の病気の)話聞いたな〜と。

写真撮影禁止なのに、アメリカ人?イギリス人?のオジサンが、写ルンですみたいなカメラで写真を撮っていて…クスッとなりました。ダメなんだけど…(ガイドの人が見てない隙を狙って撮ってたから、一応禁止なのはわかってたっぽい)ちゃんと写ってるのかな?スマホは持ってなかったのかな?笑

20180514063903939.jpeg

2018051406390706a.jpeg

20180514063904824.jpeg

ブドウ酒の街に来てから城(シャトー)といえばほとんどがワイン城で。ようやく試飲なしで見学できるお城をみつけて行ってきました〜…って思ったら、この前モンテスキューのお城に行ったなというのを思い出しました。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓