Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 8歳!

 試練

二週間ほど前からわたくし、職業支援講習に通い始めました。

と、いうのも。ブドウ酒の街に来て一年経過、9月、そろそろ観光客を卒業しなきゃなーと思って就活を始めるも、なかなか思うようにいかなくて。

接客業(販売員)のための、職安が手配してくれる、12月から始まる講習、うちから徒歩五分のバス停からバスに乗り40分くらいの場所で開講されるのに申し込んだら、なぜか11月から始まる、川の向こう側の街で開講される回の講習のセレクションに召集されました…


さすが、フランスの職安の仕事っぷりは違うね〜〜〜

(ドウシテコウナッタ)


川の向こう側の講習所も、遠いっちゃ遠いけど、家から歩いて15分弱のトラムに乗ってしまえば一本で行けるので、暇だし早く始まっても変わらないか、と、セレクションに参加してみることにしました。

そしたら、本当にセレクションだったの!
試験があったの!30ページ近くにわたるペーパーテストと、面接。

(後に、この試験はモチベーションを調査するものだと知る…)

全然読み書きできませんでしたけど、電子辞書を使ってなんとか乗り越え、面接はバッチリ、無事セレクションを通過しましたー!という連絡をいただきました。

(セレクションで振り落とされた人もいる、と。)

というわけで、二週間ほど前から講習が始まりました。
今のところ毎日一時間かけて通学してます。地方に来てまで通勤(通学)地獄か…とウンザリしたのはいうまでもなく。


…なんでしょうね。ウィちゃんとの結婚生活あるある。こういう大きな局面に、またしてもウィちゃんは二週間の出張!!!

講習初日前日、ウィちゃんは旅立って行きました…

(恨んでやる)

きーさんと二人、どうしろと?!本当にどうすればよいのだ、、、幸いにも、ウィちゃんはベビーシッターさんを雇ってくれました。朝わたしが出てから学校へ送り届けるまでの一時間、夜学校→学童が終わってからわたしが帰宅するまでの一時間強。(シッターさんの人選・面談も、講習が始まる前の週中盤に急ぎで済ませ。幸運にもいい人に恵まれました。)


さあ、講習初日前日。シッターさんは7時に来るので、6時起床!

張り切って6時に起床!トイレに向かいましたら、、、

ナンダコレハ (久々に早起きしたから寝ぼけてたか?)
…床が水浸し。換気口から怪しい水漏れ。

誰が予想できるかい、こんなの!!!

2017112506500276a.jpeg

20171125065003b15.jpeg

(お目汚しお許しください)


神さん、あんたわたしに試練与えるの、好っきだね〜〜〜

イタズラ心満載ですか…せめてもの良心は、特に大きな被害を加えないってとこでしょー?ははは


なぜかとても冷静に床を拭き、水漏れ下にバケツをセットして、そっとトイレのドアを閉じ…見なかったことにしました…。

わたし一人にどうしろと。

ウィちゃんには怒りの報告メッセージを送り、朝の支度をし、シッターさんを迎えきーさんを託し、わたしは予定通り講習へ。

(床の水も上から滴ってくるもので、うちのトイレに問題があるわけではなく、よそのトイレの汚水でもないっぽくて…不幸中の幸いっていいのか、なんなのか)

最初の一週間をなんとか乗り越え、一度ウィちゃんが週末に帰ってきて管理会社へ連絡し、また旅立ち、その間わたしは講習へ行き授業と研修させてくれる職場探しをするという脳ミソおよび精神・肉体ともにハードスケジュール、ウィちゃんの出張は無事に二週目を終了して、帰宅してきました。

今も水漏れは解決しておらず、バケツと雑巾でしのいで共存しております。
ウィちゃんの職場が斡旋してくれた住宅なので、わたしはノータッチで。ウィちゃんにお任せします。


という、あれもこれもの盛りだくさんの二週間を過ごしました。

講習はBac pro commerceという資格と同じ内容のものを物凄い速いペースで勉強してるらしく、企業研修と講習終了後には資格は取れませんが修了証書をもらえるそうな。とても面白いのですが…それ以上に大変です。年齢のせいなのか、全然内容覚えられなくて、毎晩必死に復習・復習。研修先も見つけたし、なんとか頼りないオールを漕ぎながら前に進んでいる状態。わたしのはオールっていうより、こりゃ杓文字か木ベラ程度のものだよ…


とりあえず、日々できることをやっていこう!やらせてもらおう!と思って。
講習修了が目的ではなく、その先にある就職が最終目標なのですが…


どうなることやら。。。

毎回毎回、なーんでこういうハプニングがあるかな〜〜〜!!!


きーさんは、シッターさんが好きすぎて…わたしが予定より早く帰ってしまうとあからさまにガッカリ、最悪小一時間メソメソ泣き続けるという暴挙に及びました。彼は彼なりに大変な二週間だったことでしょう…。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓