Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 8歳!

 ブドウ酒の街の新しい名所

ウィちゃんときーさんを誘って、サロンドヴィンテージ(ヴィンテージの展示会)へ行ったついでに(サロンドヴィンテージについては、また今度。)

そうだそうだ、車を停めた場所の近くに、ニュースで見た新しい “何か” がオープンしたはず!と、どうせ近くまで来たんだからと、行ってみました。

(本当はそこに車を停める予定はなかったんだけど、駐車場が満車で入れなくて!グルグルまわってたどり着いたのがそこだったのです。決してわたしの策略とか陰謀とか誘導ではありませんから…たまたま…)

20171113062614e93.jpeg

Les Halles de Bacalanという、マルシェ?

シテ・ドゥ・ヴァン、ワインミュージアムのすぐ横にオープンしました。

建物も素敵なのよね。ちょっとタケノコの里似の裁判所にも似てるので、統一しているのか、同じデザイナーさんなのか。調べてみなきゃ。

確か木曜日の夜にプレオープンして、わたしたちが行ったのは土曜日の夕方。オープニングセレモニーの一環なのか、生演奏があったりで、


あいかわらず洒落た街だね〜〜〜


という印象。

2017111306261703f.jpeg


中のマルシェには、パン屋さんあり、野菜屋さんあり、ワインショップあり、シャルクトリーというの?ハムのお店あり、お肉屋さんあり、魚介のお店あり、チーズ屋さんあり…

と、イートインできるの、売り場の横で。
これ、ブドウ酒の街のマルシェで流行ってるのかな?というか、ここ数年のフランスの流れなのか、ボンマルシェの食品館・グランぜピスリーも、ギャラリラファイエットの食品館も、売ってる横で軽く食べられるスペースがあるのね。

ボルドレ(ボルドー人)は特にこのスタイルが好きなのか、カプサンという地区にある大きなマルシェでも、マルシェ内のイートインスペースで魚介やハム?タパス?なんかをつまみながら、ワインひっかけてるのよね。それが、日曜日のお昼にもなるとすっっっごい賑わいで。


その姿がまーた洒落てんのよ!


っかーーーーー! ボルドレってヤツわ〜


マルシェに隣接してカフェとビストロもあります。

20171113062616a92.jpeg

やっぱり、シテドゥヴァンのお隣にできただけあって、ワインがメインなのかしら?

ブドウ酒の街に来て、ワインが飲めないことが本当に悔やまれます。なんとか、甘口の白ワインから切り拓いてはおりますが…

ワインて、とても深くて、面白いんだろうな、と。


マルシェでは…色々気になったけど、結局なにも買わずに帰ってきました。
ウィちゃんが意外と食いついていて!毎週日曜日にカプサンのマルシェ誘っているのに一度も来てくれないから、マルシェ面白いでしょ?って聞いたら…

「見るもの全て鮮やかで、美味しそうに見えるんだもん!」

ですって。

こちらのマルシェは新しくてシックだし、場所柄もあり、観光客の方々も入りやすいかな?カプサンの方は地域密着型、勢いがなければお会計までたどり着けない感と、異国情緒溢れてるところががハードル高いー!って思わされそうだし。


日々、いつ誰が遊びに来てもいいように、ブドウ酒の街を研究しております。。。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓