Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 8歳!

 新しいほうの競技場へ

文化の日の一日目だったか二日目に、新しいほうの競技場へ行きたいと言ったらその時は断られてしまい行けませんでした。
というのも、きーさんがお友だちの誕生会に呼ばれていて。(それが新しいほうの競技場の近くだったので、誕生会の間にサクッと見学を…と提案したら、きーさんを置いて行けない!と。きーさんは親のことなんて忘れて二時間はしゃぎ回るというのに…)

その時の代替案にうちの近くの古いほうの競技場は?って言われたのですが…きーさんが毎週スポーツに通っていた場所で、以前ラグビーの試合を観に行ったのもあり…なにも文化の日に行かなくても!という思いで、こちらはこちらでお断りしました。

古いほうの競技場は、1920年代中盤に建設された、モダニズム建築様式の競技場です。モダニズムっていうか…アールデコの色がする気がします。この界隈がアールデコ時代の住宅が立ち並んでいて、近くを散策するだけでも面白い地区でもあります。

ちなみに、文化の日は土曜・日曜の二日間あります。


それ以来、気が向いては「そのうち新しいほうの競技場見に行ってみたいんだよねー」ってウィちゃんにアピールしていました。

イケアの近くなので、行こうと思えばひとりでフラッと行けるのですが、、、イケアに行くときはそれだけであっという間に時間が過ぎてしまうのと、荷物がいっぱいなのでフラッとその先の競技場に行く機会には恵まれず。

たまたま読んでた地方ニュースに、新しいほうの競技場がどうも素晴らしい建築物だというのを見たので、またも思いつきで「行ってみたいんだよねー」って言ってみたら、、、


「 ちょうどいい!サッカーの試合あるんだよね〜^^ 」


って、あっという間に決まって、サッカー観にいくことになりました。
割り勘なので30ユーロ…建築物の見学には少々お高い入場料になりました。苦笑

20171030043400f30.jpeg

前に、古いほうの競技場の前で年配のご婦人と、2つの競技場について話していて、この新しいほうの競技場ってどんな感じか聞いたときにご婦人が…

わーっと広くて、目眩がするくらい高いのよ!

と、言っていたのを思い出した…


急 勾 配 !!!


20171030043403863.jpeg

よく言えば、とても見晴らしがよいのですが…昇り降りの階段が急というか狭いというか。落ちないかドキドキします。

20171030043403c9f.jpeg

新しいだけあってとてもキレイですし、エレベーターや障害者スペースがあって親切設計、広々しています。

サッカー、大ファンというほどではありませんが、生で観戦すると面白いので…また観に行きたいです!PSG(パリ、つまりネイマール)か、メッツ(川島)戦へ!

昔々、北広島にベッカムが来るぞー!って大騒ぎしたあの日々や、サンジェルマン・アン・レイ(パリ近郊の街)にズラタン・イブラヒモビッチが出るぞー!ってワクワクした日々を彷彿させるサッカーブームが巻き起こりそうです。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓