Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 8歳!

 ブドウ酒の街で中華を味わう

ブドウ酒の街にあるWok wayという刀削麺?中華麺のレストラン。

おいしいんです。

ハズレ中華(和食も含め)の多いおフランス。
日本にいたら二千円も出したらたらふくおいしい中華を食べられるけど…なぜフランスにもこんなにたくさんのアジア圏の人々がいるのに、ちゃんとしたレストランはともかく大衆的なレストランやお惣菜屋さんみたいなところは微妙なのか。謎が謎呼ぶミステリー!

まともな人は家で料理して食べれるので、ニセアジアン料理が氾濫するのでしょうか?
日本ならチェーン店でもおいしいのに…

20171028050210432.jpeg

ネムと呼ばれる揚げ春巻きと焼き?揚げ?餃子
これまでナンバーワン・ネムはパリのテロで被害に遭ってしまったプチ・カンボジというレストランのもので、もうあれを超えるものには出会えないのか…と思っていましたが。
ボンジュール!新・おいしいネム!
横にレタスとミントの葉が添えられて、巻いて食べるとサッパリとガッツリの見事なコラボレーション☆

20171028050213ea7.jpeg

蒸し餃子

餃子は家で作って食べるのが一番美味しいという常識を覆した品々。

餃子といえば豚挽肉かと思ってましたが、こちらのお店は鶏挽肉。鶏肉で今度作ってみようかな。

メインの刀削麺。
汁に浸かってる拉麺と書いてあるのがソレなのかもですが…わたしたちは焼うどん?焼きそば?みたいな汁なしのものを

20171028050211a30.jpeg

と、拌麺という、日本の油そばの元になったものを

201710280502121a3.jpeg

20171028050208dcc.jpeg

お昼のセットが、ネムか餃子かシュウマイ?と焼うどんのセットで11.9ユーロ。このセットをお昼に食べたらウィちゃんでも夜までお腹が苦しい…ってくらいのボリュームで。お得感満載です。

すっごい火力で中華鍋で調理してるカウンターが見えるし、お兄さんが麺をビヨーンビヨーンと伸ばしているところも見えるし。お客さんも中国人ぽい人が7割くらいで13時を過ぎると満席!


ブドウ酒の街で耐えがたくアジアが恋しくなったらココ、に決めました。

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓