Welcome to my blog

ふらんすから、こんにちは

近況報告いたします。 8歳!

 小耳に挟んだ最近のパリの空き巣事情

先日会いに行ったパリのご夫妻(夏の思い出参照)との会話中、最近のパリの、ビックリ空き巣事情を聞きました。


ご夫妻のお知り合いの話ですとか…

まず、車が盗難被害に遭う。(おそらく外出先だったりで。たぶん、こういう被害に遭う生活レベルの人は、在宅時はちゃんと自分の駐車場は確保していることでしょう。その辺はなんて言っていたか忘れたー)

車が盗難にあったので、もちろん盗難被害届を出す。

そして、数日後、盗難にあった車が、盗難被害にあった当時の場所に戻ってくるのです。(ありましたよーって連絡を受けるのか、自分で発見するかも忘れてしまいましたー)

発見された車は無傷で、特に問題はない様子。

そして、発見された車の中には丁寧な置き手紙が。



「どうしても車が必要で、貴方のお車を許可もなく拝借してしまいました。

お礼とお詫びといたしまして、コチラをどうぞお受け取りください。」


と、オペラだったかコンサートだったかのペアチケットが添えられてあったそうな。


ここで、被害に遭った方は、まー仕方ない、今回はこれで見逃してやるか…となってしまい、オペラ(又はコンサート)を楽しむことになるのです。チケット代が浮いた分、その後のお食事楽しんじゃえ☆みたいな感じで、オペラ(又はコンサート)→食事のコースで夜遅くまで楽しむわけですが…


なんとなんと!

お腹も満たしてホロ酔いいい気分で帰ると、我が家はもぬけの殻だったそう!

oh!ホーム!マイスウィート・ホーム!

そう。空き巣の計画は、車を盗むところから始まっていたのです。

ホームセキュリティとかもさ、オペラとかコンサート中に鳴っちゃならんって携帯もサイレントにしてしまうんだろうな。そこまで綿密に計画しての犯行か〜と想像。


ご夫妻、特にパリの住宅事情に詳しいパパさんの話では、空き巣犯の手口は大胆だよ〜って。白昼堂々工事や修理のフリして堂々とドア周りを壊して侵入なんてよくあること、って。特に外壁工事中とか、共有スペース工事中なんかは堂々と!

なので、ご近所で工事が始まったらいつもより念入りな戸締りを。外壁工事が始まったら、家の中を見せぬよう雨戸を閉じることをお勧めします。

あと、高価な物を買ったら必ず領収証かレシートは保存しておくこと。これがあれば、保険で同等のものか金額を保証されるっぽいです。(詳しくは知らないけど、そんなことを聞いたことがある…というか、空き巣被害に遭った友人が奔走している姿をみたことがあるのと、以前の職場でなくなったか壊れたものと同じものを探しにきてる方がいたので…)


とにかく、もし車が盗難被害に遭い、後日無傷で発見され、そこにオペラやコンサートのチケットが添えられてあっても、そのまま行ってはいけません!誰かに留守番をお願いしましょう!!!

うちは番犬飼っているから、犬が守ってくれるから〜って思う貴方!一枚上手の空き巣は、それを知り尽くして分厚いステーキ肉を用意してくることでしょう…犬の目の前でポーンと肉を放ち、サッサと追い払うことでしょう…


ウィちゃんは、悪くはない手口だ…って頷いたあと、ご夫妻に「パリの家離れてて 心配じゃないの?」ってハッとして。ご夫妻の住む場所はセキュリティもしっかりして管理人さんが駐在してるし、ご近所の信用のおける人に託してあるので大丈夫、とのこと。余裕のパパさんと心配するウィちゃん。笑


いろいろなタイプの方とお付き合いしていると、様々な面白い(?)お話が聞けて勉強になります。。。


何が起こるかわからない、未知の国 おフランス !!!

0 Comments

↓ご意見・ご感想・その他はこちらへ↓